メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
町工場の娘
Amazon価格: 1,728円 (2017年12月12日 17時32分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


osada1188 osada1188 暇つぶしで読んだのですが、なかなかどうして立派な経営者の本です。これを読んでつくづく思うのが、21世紀は女性経営者の時代だなぁということ。最初はお涙頂戴風ですが。経営者としては、理論的に戦略を立ててやっていらしゃる。息子経営者は浪花節的なしがらみが多くでなかなかできないんです。◯塚家具の親子はこれを読んだらどう思うのだろう、、
osawa_t osawa_t ☆主婦から社長になった2代目の10年戦争 まあー、本人もすごいが、やはりお父さんもえらい。
sei1_k sei1_k 経営学を学ぶことなく、このような企業改革を行ったというのは驚き。ポジティブだなあ。
y-kikuchi y-kikuchi 星4つ 大田区で精密機器製造を担ういわゆる町工場を経営する父親の急死により、社長を引き受けることを決意し経営を続けている娘さんの本。 女性ということだけでの苦労話、長年支えてきた従業員を解雇せざるを得ない時の葛藤、リーマンショック時の赤字続きの苦しい時期、活字にはしきれない思いが行間ににじんでいる。手探りで何とか組織をまとめ上げてきた自信も得たようだ。 今後のご活躍も期待。こうした企業が日本に残らないといけないと強く感じた。
kijitora_lenon kijitora_lenon 図書館 悩まないで迷う
nakahisashi nakahisashi 星5つ 自分の親が、なんの前触れもなく「余命4日」と宣告されたら、それだけでももの凄いショックを受けるでしょう。 しかもその親は、中小企業の社長で、少なからず社員を抱え、一人で切り盛りしていて後継者については何も決まっていない、としたらパニックになってもおかしくないと思います。 この本はそんなエピソードから始まります。 <目次> 第1章 突然、渡されたバトン 第2章 手探りの会社再生 第3章 私の仕事論 つづきは、【読書】町工場の娘/諏訪貴子|THE ONE NIGHT STAND~NEVER END TOUR~ へ。
you1oyaji you1oyaji 星5つ 大田区で町工場を経営していた父親の急逝によって、主婦から2代目社長となった女性経営者の会社の生き残りをかけた奮闘記。幼くしてなくなった兄の生まれ変わりとして跡継ぎの男の子のように育てられた著者でしたが、普通の主婦で経営にはずぶの素人。古参の社員から請われて社長をなったものの、バブル崩壊後の景気低迷で会社の業績はジリ貧でこのままでは倒産も免れないような経営難に陥っていました。そこから著者が様々な改革を行って、全国から視察者が来るほどの優良企業に再生していくまでの奮闘ぶりが描かれています。従業員...
suburibilly suburibilly 星5つ ・「社長、このたびは大変ご愁傷様でした。本日はできる限りのことをさせていただきます。どうぞお任せください」 ・経営方針「ものづくり大田区を代表する企業となる」「超精密加工を得意とする多能工集団である」 ・結果的に新入社員が失敗し、不良を出しても、それは本人の責任ではなく、指導する側の問題という認識を社内で共有している ・「やる」か「やらない」かを迫られた時の答えは、すべて「やる」と決めている ・悩まないが、代わりに「迷う」。「やる」ということは決まっているから、どれをやるかで「迷う」のだ。経営者...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist