メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
リーン・スタートアップ
Amazon価格: 1,944円 (2017年09月24日 15時59分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


do0909 do0909 理論が学べるので様々なことに応用が可能だと思う
kjmtky kjmtky 星5つ 素晴らしい。計画より実験。 5章まで -- ・三菱総合研究所「ビジュアル解説 IoT入門」(2016/7) ・西内啓「統計学が最強の学問である ビジネス編」 ・ihayato.news(2012/06/25):2012年上半期に読んだ、心が打震えるほどスゴかった10冊の本。起業を考えている方、ウェブサービスを作っている方、新規事業に携わっている方は必読です。これを読んでおけばバカみたいな失敗は避けられます。逆に言うと、読んでおかないと仕事人生の大きな損失を被る可能性があります。誇張抜きに。 ・tenyawanya(blog2012年09月10日):大きく始めすぎずに、...
hashiryu hashiryu 星5つ リーン・スタートアップとは、無駄を排除して、効率のいい起業または新規事業を立ち上げる方法と述べた本です。顧客が望まない付加価値を付けることに時間と手間を注ぐより、実用最小限の製品を、アーリーアダプター(製品をもっとも強く欲している顧客)に提供し、そのフィードバックからよりよい製品(サービス)に仕上げていくこととしています。嗜好が多様化した現代で、顧客をセグメントしてターゲットを設定することは必要不可欠な取組みと誰もが認識していますが、そのターゲットに対しての取り組み方については本書により大き...
takeshimourib takeshimourib 星1つ --目次 第1部 ビジョン  第1章 スタート  第2章 定義  第3章 学び  第4章 実験 第2部 舵取り  第5章 始動  第6章 構築・検証  第7章 計測  第8章 方向転換(あるいは辛抱) 第3部 スピードアップ  第9章 バッチサイズ  第10章 成長  第11章 順応  第12章 イノベーション  第13章 エピローグ ― ムダにするな  第14章 動きに参加しよう --Amazon内容紹介 シリコンバレー発 注目のマネジメント手法 リーン・スタートアップとは、新しい製品やサービスを開発する際に、作り手の思い込みによって 顧客にとって価値のないもの...
amuzak0831 amuzak0831 星3つ 【目次】 1.ビジョン  1.スタート  2.定義  3.学び  4.実験 2.舵取り  5.始動  6.構築・検証  7.計画  8.方向転換(あるいは辛抱) 3.スピードアップ  9.バッチサイズ  10.成長  11.順応  12.イノベーション  13.エピローグ――無駄にするな  14.活動に参加しよう 【キーワード/キーセンテンス】 【まとめ】 ●我々の努力のうち価値を生みだしているのはどの部分で無駄なのはどの部分なのか ●問うべきは「この製品は作るべきか」であり「このような製品やサービスを中心に持続可...
database database 星3つ ■現実はスタートアップのほとんが失敗する。 ■スタートアップの構築とは組織の構築にほかならない。 ■スタートアップの目標は、できる限り早く、作るべきもの(顧客が欲しがり、お金を払ってくれるモノ)を突きとめること。 ■企業の前提条件:適切な構成のチームの優秀な人材、未来を見据えたビジョン、リスクをとる覚悟。 ■我々の頭の中には、人々が時代遅れのソフトウェアを使い続けるというメンタルモデルができあがっている。 ■MVP(構築-計測-学習)ループで最小限の労力と時間で開発する。 ・実用最小限の製品(minimum viable p...
bjt96660 bjt96660 星5つ 第1部 ビジョン  第1章 スタート 第2章 定義 第3章 学び 第4章 実験 第2部 舵取り  第5章 始動 第6章 構築・検証 第7章 計測 第8章 方向転換(あるいは辛抱) 第3部 スピードアップ  第9章 バッチサイズ 第10章 成長 第11章 順応 第12章 イノベーション 第13章 エピローグ ― ムダにするな 第14章 動きに参加しよう
gooska1002 gooska1002 わんこさん推薦図書
kiwi kiwi 星4つ リーンスタートアップをするときにとても参考になる書籍だと思うが、後半は少し飽きてきた。 もし起業するならば、もう一度しっかりと読む必要がある。
tarom1028 tarom1028 星4つ トロント大学からいらっしゃっていたAbram先生にこの本を紹介いただきました。 スタートアップは安定期の企業と異なり戦略を変えなければならない。 詳細な事業計画を立てていくよりも、 必要最低限のプロダクトで科学的な実験を繰り返し、的確な測定項目を測定し、 できるだけ無駄なことをせずに成長を目指す。 売るものでなくても、団体やプロジェクト、なににでも当てはめられそうです。 非常にこれからの活動の参考となりそう。 ただし見慣れない用語(造語?)が数多く出現してきたり、 例示が多かったりして、最後まで読み進め...
katomasakazu katomasakazu GE働き方改革 日経記事160919 登場書籍
dimeiza dimeiza 星5つ  Amazonのレビューとかを読んでいると、この本を単なる『スタートアップ』の本だと誤解している向きも多いようです。 # 『早く作って反応を見る。計画は無駄』って言ってるだけじゃん、とか。  文章の中から、手法やマネジメントに流れる底流として『リーン』の価値観を感じることが出来なければ、そういう浅い読み方に陥りやすい、という意味で、優秀ですが難しい本です。  というわけで、この本は『(起業限定じゃなく大企業も含め)"リーン"にスタートアップを進めるにはどうすればいいか』に関する心構えと手法に関す...
2319chan 2319chan 星4つ 新しい仕事を始めるとき、人間の想像力なんていうものは所詮当てにならないものだから、まずやってみて、出てきた課題をつぶしていく、というのがここ何年間で染みついた自分にとって、本書はまさに我が意を得たりという感想。 このような考え方が全社的に共有化されるといいなとしみじみ思う。なかなか一つのことを始めると修正したくなくなるというのが心情というもの。まして、当初戦略を捨てるとなれば、なおさらである。個人的にも思い当たる節がある。しかし、自分に鞭を打って方向転換しなくてはならない、という思いを強くした...
shirayu shirayu vol.157 シリコンバレー発!注目のマネジメント手法。ムダ遣いよ、さようなら! http://www.shirayu.com/letter/2012/000314.html
shika shika 星4つ 最小実用機能、mvpを作って、ひたすら問題解決のサイクルを回す。それを、ファネルできちんと評価する。それだけ。 サイクルを短くするコツは、プル生産。hypothesis about the customer を作って、それを検証するために必要最低限な物を、作る。
panda88 panda88 星5つ 良い本だと思います。 スタートアップ企業だけでなく大企業の人が読んでも役に立つように書かれています。 科学的に考察しようとしている所が良いと感じました。 【目次】 第1部 ビジョン  第1章 スタート  第2章 定義  第3章 学び  第4章 実験 第2部 舵取り  第5章 始動  第6章 構築・検証  第7章 計測  第8章 方向転換(あるいは辛抱) 第3部  第9章 バッチサイズ  第10章 成長  第11章 順応  第12章 イノベーション  第13章 エピローグ-無駄にするな  第14章 活動に参加しよう
hikapa4035 hikapa4035 ダブり
akitake akitake ウィッシュ MacFan2015-04で紹介。
fuji70 fuji70 Running Lean ―実践リーンスタートアップ (THE LEAN SERI…
muranaga muranaga GE の FastWorks プログラムは、Lean Startup を大規模に展開している。 https://hbr.org/2014/04/how-ge-applies-lean-startup-practices/ http://www.gereports.com/post/82723688100/the-biggest-startup-eric-ries-and-ge-team-up-to
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist