メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
100円のコーラを1000円で売る方法2
Amazon価格: 1,512円 (2017年08月22日 23時48分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


yamaarashi yamaarashi 星2つ <読書メモ>・ 本当に強いのは、一人のスーパーマンが全部を決めるチームではなく、メンバー全員で知恵を出し合って勝つチームです。組織の力は個人の力の集まりです。出発点はあくまで個人。だから、個人の力をいかに集めて、1人+1人+1人=3人ではなく、3人分をはるかに越える成果を生み出せるかどうかが大切です。 ・経済学者のミンツバーグも「リーダーシップの役割は、あらかじめ計画的な戦略を作り上げることではなく、新たな戦略が出現するように、戦略的な学習プロセスをマネージすることである」と言っていま...
countand1 countand1 星4つ 100円のコーラを1000円で売る方法2 永井孝尚 57PDCAを三次元でスパイラル、短いサイクルをまわし続ける 62実験をする前に仮説で論文を書く 203網羅思考から、仮説思考と論点思考へ 203すべてやるか、やらないことを決断する
superblackbird1100 superblackbird1100 星4つ マーケティング用語を知るにちょうどよい本。 100円のコーラを1000円で売る方法1を読んでからの方が、読み物として楽しめる
dozo dozo コメント
kimkatsu kimkatsu 星4つ 前作同様すぐに楽しく読め、マーケティングのエッセンスが手っ取り早く分かります。
toyo51 toyo51 星4つ 戦略は「何をやらないか」を決めるために立てる 同質化戦略:同じ差別化戦略でも強者が実行すれば、弱者が実行する差別化戦略の数十倍の効果をあげる 企画力=”企画を実行する力” PDCAのPは計画ではなく「仮説」 PDCAは本来、1週間とか半月とかの短いスパンでどんどん高速回転させてはじめて威力を発揮する方法 間違ってもいいからどんどん仮説を立てて検証する 社内の調整に時間をかけすぎると、時代の変化から取り残されてしまう 予測が外れてもかまわないから筋道を立てて考えろ 網羅思考ではなく、「論点思考」で解決すべ...
shinjisu shinjisu 星2つ マックスバリュー社への差別化戦略の物語。
hirotame hirotame 星5つ 勉強なった
knmkp knmkp 星5つ 2作目ということで、どうかと思ったのですが、面白く役に立つ内容でした。
mrsunshine1 mrsunshine1 星5つ 前作と同じくマーケティング理論の導入本。マーケティング初心者でも楽しく読める良書です。
shimamura shimamura 参考書籍
tamu_yoshi tamu_yoshi 星4つ 『企画力』とは、『企画を立案する力』ではなくて、 『企画を実行する力』すなわち、『組織を動かす力』のこと。 ↑ココ、目からウロコでした。勉強になりました。 いきなり、2から読んじゃったので、 1も読みたいです。
atsushe atsushe 星4つ 2013年017冊目。前作をコミック版で読んでキャラが馴染んでいたので、本書もさくさく読み進められた。マーケティングの考え方のうち、選択と集中に関して基礎を学ぶことができた。
ken-g ken-g ここでも、弱者の戦略が 出ていていた。 最近はランチェスター戦略の 内容が多くなって来た気がする。 次回の内容は、与田さんがライバルに 移った事による波乱がある気がする
m_tanigu2 m_tanigu2 星4つ 前作に続いて読みました。今回は、前作のクラウド型会計システムのサービス開始後の話。 マーケットのターゲティングやランチェスター戦略の使いどころを知る上では理解しやすくストーリーが作られていました。ただし、前作同様に各理論を深く知るための本ではありませんので...
kazua kazua 星4つ 2013年春の書籍共同購入で推薦 競争戦略を分かりやすいストーリーの中で解説
arthur arthur 星3つ というわけで、こちらもさらっと読めました。
kobachin kobachin いろんな経営学のいいところを抜粋して解りやすく伝えてくれる、忘れている大切な事を思い出した。
haruya haruya 星4つ 会長から借りた。
shoukai shoukai 星5つ 以前にご紹介した、マーケティングに関する本の第2弾で、今回のテーマはビジネス戦略です。 内容は、前作同じく<宮前久美>というドギツイ性格の女性マネージャが主人公のこのタイトル。 今回は久美が前作で商品化にたきつけた主力商材が、 競合最大手による強者戦略によって差別化が図れずピンチになり、 それを立て直しながら、ビジネス戦略を学んでいく。 というものです。 ストーリーが分かりやすく、話が入ってきやすい為、 読みやすく学びやすい本です。 以前に大原社長がお話していた「ステーキのけん」と「...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist