メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
残業3時間を朝30分で片づける仕事術
Amazon価格: 1,360円 (2017年06月26日 04時08分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


atumi215 atumi215 もともと朝型の私ですが、なんだかうまく仕事が進まないなーと思い読んでみました。 本を読んだ後、もしかすると仕事の内容などが、その時間にあってないのでは?と思い、 一日の過ごし方を見直してみました。 文書作成などの仕事は朝、インプット的な内容は午後の方が良いそうです。 今日から試してみています。
dekadanna dekadanna 星4つ 仕事を短時間で片づけるライフハック系の本と思って読み始めたが、違った。これは、早寝早起きの時間シフトによる能率・効率6倍アップの本だった。優先順位やコミュニケーション、PDCAサイクルの回し方にまで話が及び、深い、役に立つ話が満載だった。
miyotantan miyotantan 星3つ 早起きはずーとしたかったが、実行できてこなかった。今年こそはと思って、手にとった本。 ■寝る前のテレビ、インターネット、は大敵!TVは録画。メールの同期は帰宅後きる。 ■早起きでの楽しみは、体操で気持ち良いはじまり、ダイエットに成功して、妊娠する。ゆったり美味しい朝食、ラムくんとの喧嘩のない朝。遅刻のない出勤。信頼をえる。 ■必ず定時退社。明日に向けて仕事の整理はつける。 ■午後はインプットと徹底思考。午前は再考とアウトプット。夜ねている間に脳がインプットされた情報を再構築しアイデアをまとめる。 ■第二...
fukurow fukurow 星3つ 
yatomiccafe yatomiccafe 2012/8/26 教養
nxw_tosyo nxw_tosyo にしもん
tsakazume tsakazume 星3つ 目新しさはなかったが、朝の時間を見直す気にはなった。
privatesatoshi privatesatoshi 生活時間(もしくは睡眠時間)をシフトさせる。 それで,朝の邪魔が少なく混雑していない時間を確保できる。 結果,仕事の能率が上がる(自分の時間が拡大する) というもの。 「夜のテレビが,自分にとって満員電車で1時間の辛い思いをするのと引き換えにしてもいいほど大切なものか?」 夜のテレビ番組,夜の職場の同僚との付き合い,インターネットがこの比較対象であった。 ホントの意味でYesという人は,少ないだろう。 どの時間帯に何をすべきかも紹介されている。 自分もこのあたりは比較的実践している方だが, 普通の会社員...
teikun teikun 星4つ 睡眠時間を減らすのではなく、朝早くに時間をシフトするというのは無理がなくて共感できた。 J.W.ヤングの『アイデアの作り方』の各段階を、日々のスケジュールで割り振っているのは参考にしたい。他には『7つの習慣』や1万時間、PDCAの話もあった。メインは朝を生産性の高い時間にしましょうということかな。
moumou-farm moumou-farm 星5つ いくつか早起き効能本を読んできましたが、 今のところ一番良いなと思えた本です。 ビジネスマン向けかもです。 早起きするための方法の他、朝昼夜の脳の状態から どんな作業に充てるのが適してるかということや、 残業しないために、効率あげる為の文章の書き方、 コミュニケーションにまで言及されています。 確かに、と納得する部分多数。 早起きしてかつ、一日の時間の組み立てをするにあたって 参考になりそうです。 タイトルから、効率作業のテクニックでも書いてんの?と 捉えられるかもですが、単に、朝の30分の作業効率は 残...
hiyoshism hiyoshism 読む前から分かっていたことだが3時間の残業が30分で片付いた、という事例は載っていない。クソ本。
noriaki noriaki 星2つ 富士松
edinburghburgh edinburghburgh 星4つ 朝の活動の本。著者に興味があり購入。さらっと読める。
fishibe fishibe 途中読み
moripapa1980 moripapa1980 星4つ 図書館で偶然見つけた本著。ITmediaオルタナティブ・ブログで著者の記事をこれまで何度か目にする機会があったため、一度読んでみることに。 内容としては、会社勤めである著者が早起きに目覚めた理由や、「朝シフト」にするための環境づくり等について、分かりやすい文章で綴ってある。単に朝型生活の有用性を説くだけでなく、残業が発生しないような仕事の進め方(PDCAサイクルの回し方)についても言及されており、会社勤めの読者にとって役に立つ内容が多い。 本著で印象に残った部分を一部引用する。 ●朝シフトを阻む3つの誘惑...
to_ozeki to_ozeki 星3つ 
database database 星5つ ■夜3時間の残業と、早朝30分でこなせる仕事量は同じ。 ■一見突発的な出来事に見えても、実はそのトラブルにはちゃんと原因があって、気をつけていれば未然に防げる場合が多い。 ■残業と仕事の効率化に関する意識調査 ■5時起き、6時出勤、7時出社、定時帰り、23時就寝。(2時間シフトしているだけ) ・朝起きる時間をベースに逆算していくのがポイント。 ■睡眠2時間前からは、メールやネットはやらないこと。 ■薩摩式:時間になったら、掛け布団を跳ね飛ばして、冷たい空気を感じて起きる。 ■時間ポートフォリオ ・午後(13-1...
nextortho nextortho 星3つ 朝本。一日の時間配分で、朝をアウトプットに、午後は情報のインプットと細切れ時間を利用した思考、ルーティンワーク、夜は忘れる。緊急でなく重要な仕事を細分化して、緊急で重要な仕事に変えてしまうテクニック。他人依存度の高い仕事に優先的に取り組む。早朝勉強会を開く。
nils-k nils-k 星3つ 朝は夜の6倍生産性があがる!根拠の検証は記載されていないが、時間ポートフォリオは参考にしたい。アメリカ人のPDCAサイクルの考え方はなるほどと思った。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist