メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
失敗の科学 失敗から学習する組織、学習できない組織
Amazon価格: 2,052円 (2017年11月25日 16時49分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


amuzak0831 amuzak0831 星3つ 【目次】 1.失敗のマネジメント 2.人はウソを隠すのではなく信じ込む 3.「単純化の罠」から脱出せよ 4.難問はまず切り刻め 5.「犯人探し」バイアスとの闘い 6.究極の成果をもたらすマインドセット 7.失敗と人類の進化 [続きを読む]
zamza zamza 第1章 失敗のマネジメント 「ありえない」失敗が起きたとき、人はどう反応するか   ・なぜクローズド・ループ現象に陥るのか   ・失敗と向き合うのを避け、何も学ばないまま(ループの外に出られないまま)、無益な行動を繰り返すのか   ・クローズド・ループ現象に陥っていないかどうかを見極める方法   ・そこから脱却して学習するチャンスを得る方法   ・失敗にオープンな組織文化をどうやって構築すればいいのか 「完璧な集中」こそが事故を招く   ・認識力が著しく低下していた   ・事故の調査結果を民事訴訟で...
zazi zazi 星4つ 医療ミスや航空機事故からの学び、RCTのようなデータからの検証。 納得感あり、フムフム。そして自分は大丈夫だと思う…が、本当? 何かミスが起こった時、自分以外の所にその原因があると信じてるけど、本当? 自分に都合のいい仮説にしがみついてないか?検事が、未確認の射精者にしがみつくように。 真のgrowth mindsetを持って、「失敗が必要」 キーワードは マージナル・ゲイン リーン・スタートアップ RCT 事前検死
asakobeam asakobeam 実例がたくさんあって、頭にすーーっとはいりました! 失敗をおそれずにそれからなにを学ぶかがすりこまれた感じがします。
cherubino cherubino 星4つ 失敗から学び改善を続けることが、困難な理由を主に人間の心理学的特徴から解説する。 認知的不協和、自己正当化など大体予測できるキーワードが並ぶ。が、いくつかのエピソードはなかなか面白かった。航空業界の事故報告のシステムと医療業界のインセンティブの違いなど。心理学的問題点を踏まえて適切な社会制度をどう設計するか?については断片的な分析ではあるが、示唆は与えてくれる。
yossyn yossyn 星4つ ・うまくいかないときは、能力の有無のせいにするのではなく、工夫することが大事。 ・成長するために、失敗は必須。避けるものではない。
tabetayo tabetayo すばらしい内容の本だった。すべての章で説得力のある記載にしびれた。 人はウソを隠すのではなく信じ込むというのも、実例を示していたし、よく報道される納得のいかない事例でも、当事者はウソを信じ込んでいると考えたら理解できる例がある。
trek trek 2017年019冊目
osada1188 osada1188 星5つ 大変参考になる本です。失敗の本質とは何か、原因を探って行くと本当に深いものがあります。原題の“Black Box Thinking”の意味するものは、人間の考え方として陥る罠を考えるに、原文の表題は大変意味深いものであると思います。終わりの方で、失敗を極度に恐れる日本が、先進国の中で一番で傾向があることも頷けました。
eisaku0330 eisaku0330 星5つ 「失敗許容の組織文化」の重要性 失敗から学習する風土は意識して作らなければ、本能には反する価値観 人は失敗を隠す。しかし失敗は、学習に欠かせない貴重な情報源。 ということは「失敗情報」を積極的に評価しないと組織にオープンにする風土はできない。 航空業界 徹底して失敗から学ぶ 失敗の事実を集め・分析・公表する 医療業界 認めたがらない 言い逃れの文化 「上下関係」(ヒエラルキー)がチームワークを崩壊させる 科学は常に「仮説」である カール・ポパー「反証可能性」 科学は自らの失敗に慎重に応えることによ...
yabuki yabuki ウィッシュ 2017/02/16 初観測
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist