メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
クラウド化する世界~ビジネスモデル構築の大転換
Amazon価格: 2,160円 (2017年09月25日 00時46分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


eniac eniac 
amuzak0831 amuzak0831 星2つ 【目次】 1.バーデンの水車 2.発明家と実務家 3.デジタル時代のからくり装置 4.さようなら、ミスター・ゲイツ 5.ザ・ホワイトシティ―コロンビア万国博覧会 6.ワールドワイドコンピュータ 7.多数から少数へ 8.大いなるバラ売り 9.ネットと戦う 10.クモの巣 11.iGod
eisaku0330 eisaku0330 星5つ 素晴らしい情報産業論。 これだけ博識で、歴史的・戦略的に「IT」を語る「知」のレベルにはただ驚くばかり。 こうした著作が日本では見かけないことに、現在の苦境の一因を見るような気がする。 21世紀の知識人、必読の一冊です。
kjmtky kjmtky 星5つ ・井上トシユキ ・池田信夫「使える経済書100冊」:イノベーションとは何か ・Newsweek090812「いま読むべき本」:なぜ、クラウドコンピューティングがすべてを変えるのかが分かる ・日経ビジネス(2014年2月24日号) ・ジェイムズ・バラット「人工知能」(2015年6月) --- p94まで
sinn356f sinn356f ウィッシュ 『クラウド化する世界』 経営者の一冊 PRESIDENT 2014年5月19日号 伊藤忠テクノソリューションズ社長 菊地 哲 2年前、伊藤忠商事から現職に就くことになり、IT関連の書籍を大量に読んだ。その結果、技術の本質を理解するには、技術書よりストーリーのあるノンフィクションが適している、とわかった。 本書は「クラウド」を説明するため、アメリカの工業史を水車から説き起こす。かつて機械化には、水車のように大型で複雑なからくりが必要だった。だが電気の登場で、機械はあらゆる場所で気軽に使えるものになった。そして電気が...
dozo dozo コメント
thiroshige thiroshige 2010/7/20
philopon_k philopon_k とりあえず登録のみ実施。 コメントは別途編集予定。
toshikamiya toshikamiya 星4つ ニコラス・G・カーの2008年の本。本書の前には、「ITにお金を使うのは、もうおやめなさい 」、本書の後は、「ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること」ということで、IT屋から見ると、敵とも思える。本書の第一部ではIT業界におけるクラウド化の流れを、ユーティリティとしての先輩である電気、電力の歴史を紐解くことから始めて詳しく考察している。もちろん、電力の話と、クラウドにおけるコンピューティングパワーをすべて同一視するわけには行かないが、それでも方向性として示唆に富む部分はある。3年...
tomogaerai tomogaerai 星4つ 知らなかったことばかりで、 少し、ネットを使用するのが恐ろしくなった。
je2aqj je2aqj 星3つ Business Web、分散コンピューティング、ASP(SaaS/PaaS)、、、 なるほど、「エラー忘却型コンピューティング」か。。。
myoshi64 myoshi64 星4つ ユーティリティコンピューティングの歴史についてきちんと考察している良書。買ってもいい本。 20090614tomioka推薦と図書館予約(34番)1122借り1206読了
tacozangi tacozangi クラウド化する世界
shio shio 星2つ コンピュータ化する創世記から現在(2008年)までに起きたコンピューティング、ネットワーキング、インターネットのこれからについて語った本。 う~ん。ところどころに面白い話はあるものの、全体的に冗長な気がした。 ビルゲイツの話から、Googleの話まで。 でもクラウドが何をもたらすのか? 題名っぽいところは、あまり書かれていなかった気が。。。 自分が読みこなせてないだけ? いやー、長々文章だったから、さらーーっと見だけだったけど。。。
shika shika 星3つ テクノロジーは経済を形成し、経済は社会を形成する。2年前に書かれた本書は、既にもう古い。何が書かれているかとともに、何が書かれていないかを考えながら読むとよい。本書にはFacebookという文字は一文字も出てこない(たぶん)。
masafumisato masafumisato 星2つ 確かにIT社会の発展には負の側面もあるが、それでもメリットと比較した場合はやはりメリットが勝る。また、説得力に乏しい。
kirara397 kirara397 星3つ 水車からクラウドコンピューティングへの流れには引き込まれた。次いでクラウドの問題点を提起されたと思ったら、クラウド化の行き着く先の未来考察が始まり、そのまま結ばれた。結局何が言いたかったんだ。
isako isako 星4つ 7章までは示唆に富む内容。クラウドと電力事業の例えはわかりやすい。
katotake katotake 星5つ エジソンの思考、全体のシステムから必要なパーツを作る。 1800年代の電気システムの構築と現在の情報システムを対比させて記述している。 電化が家事の負担を軽くてはいない。 これは現代の情報化が必ずしも便利になっているとは限らないという示唆だと感じた。 クラウド(ネット)を利用することで、少なからず個人情報が漏れていることを理解すべきである。便利になる代償は必ずあるということか。 我々がどこへ向おうとしているか。よく考えなければならない。良書。
gmat11 gmat11 星5つ 
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist