メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
超監視社会: 私たちのデータはどこまで見られているのか?
Amazon価格: 2,160円 (2017年10月19日 20時05分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


t_mae t_mae 星5つ 最初に、どれだけのデータが現在発生しているかを説く。2010年の時点で人類が産出するデータ量は、歴史の始まりから2003年までに産み出したデータの総量を上回っていた。2015年では76エクサバイトを産出している。1エクサバイトは、5,000億ページ分のデータに相当。( 注:米国の調査会社IDCによると、国際的なデジタルデータの量は飛躍的に増大しており、2011年の約1.8ゼタバイト(1.8兆ギガバイト)から2020年(平成32年)には約40ゼタバイトに達すると予想されている:ということで想像を絶するデータ量の中にわれわれは生きている) ...
nao-sugar nao-sugar 星4つ ネットを中心に個々人がどれほど国家、企業から監視されているか事実と対策の一端を述べた一冊。ネットでの行動履歴、言動、スマフォの位置情報履歴から、個人を特定することは意外と簡単だとわかり今まで以上にプライバシー侵害の可能性に危機を感じる。個人は自分の行動パターンから簡単には1人に特定できないと思っているし、その辺りは国や企業がうまく管理してくれてると楽観してる。そんなことはなく、ネット世界では極端な話、国や企業に個人から個人データを提供してくれる商品ののように思われてさえいる。プライバシーへの見...
osawa_t osawa_t Google領内かApple領内の住人。だって、便利だからな。
kjmtky kjmtky ・石田英敬(日本経済新聞2017/2)
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist