メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
TPP 知財戦争の始まり
Amazon価格: 1,620円 (2017年05月29日 11時06分 時点)
渡辺惣樹
草思社 (2012-02-11)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


james james ウィッシュ 
yamabug yamabug  TPPを推進する米国の意図を、「自国の知的財産権を最大化することで、米国に売上と雇用をもたらす」ためだと看破した見事な本。米国が説く"自由貿易の拡大"がまやかしだということは知っていても、農業や工業製品や、金融分野ですら無く、一番の目的は知財だというのは驚きだった。 中国への対抗策、包囲網という意味では、ペルー来航と構図は同じという、近現代史専門家ならではの指摘は鋭い。コンテンツビジネスに関わる人は、目を通すべき本だと思う。  21世紀に国際社会のパワーゲームで日本がどういう立場に居るのか...
imanagat imanagat 星5つ TPPの本質を理解するための必読書。
shingo-yoshimura shingo-yoshimura 星2つ - Some parts are written illogically. It does not say based on the actual rule draft, but news interview or report. This book failed to show there will be some bad influences on Japan, which does not produce any incentive to read for readers.
jagaimo jagaimo TPPは知財の中国包囲網だ、外国人法律家に任せるか弁護士を国際競争に晒して鍛えろ的な…… p17「アメリカ企業とつきあった経験のある者にはよくわかることなのだが、アメリカの組織は軍隊組織である。アメリカの省庁も同じようなものだ。上司の命令は絶対である。上司の意見が気に食わなければやめるしかない。上司の指示に沿った仕事をしているつもりでも、結果が出せなければ解雇が待っている。」 p144-145「アメリカの法の運用も世界の常識から逸脱したアナーキーの部分がある。それによって損害を被っている日本企業も、TPPによっ...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist