メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
複雑で単純な世界: 不確実なできごとを複雑系で予測する
Amazon価格: 2,052円 (2017年09月24日 15時59分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


bjt96660 bjt96660 原著は2007年刊。複雑系の総まとめ的な本。 非平衡統計力学的な社会物理学から、エージェント・ベース・モデル的な社会生態学へ。 日常の世界で見られる複雑系は、関与している構成要素の数が多くの場合一〇〇〇以下で、一〇〇に満たない場合すらある。 <不確実なできごとを予測し、分けてもわからない世界が、それでもわかるようになる最新科学> 市場からネットワーク、恋愛から癌まで、不確実なできごとを予測し、防御・最適化する驚くべき成果! ----話題の「社会物理学」を超える「社会生態学」の発想。 第1章 単純な要素、複...
osawa_t osawa_t ☆社会物理学から社会生態学へ
kjmtky kjmtky ・橘玲(「読まなくてもいい本の読書案内」2015/11)
bookshelf bookshelf 第1章 単純な要素、複雑な現象 第2章 秩序ポケットの出現 第3章 カオスとフラクタルをどうとらえるか 第4章 群集の行動を予測する 第5章 複雑性とネットワーク 第6章 金融市場の動向を予測する 第7章 渋滞・情報伝達と最適ネットワーク 第8章 理想のパートナーと出会う 第9章 戦争やテロの法則 第10章 感染症、癌をいかに抑えるか 第11章 自然と量子ゲーム 第12章 生態学としての複雑系へ
tenshan tenshan <不確実なできごとを予測し、分けてもわからない世界が、それでもわかるようになる最新科学> 市場からネットワーク、恋愛から癌まで、不確実なできごとを予測し、防御・最適化する驚くべき成果!--話題の「社会物理学」を超える「社会生態学」の発想
shibutora shibutora 156ページでギブアップ 秩序ポケット http://arxiv.org/abs/physics/0505071 153ページ six apart スタンレーミルグラムの1967年の実験 155ページ カンザスとネブラスカの住人に依頼しボストンの株式仲買人に手紙を転送してもらう。住所は明かさずに。平均して6回の転送で届いた。
sazanami-jp sazanami-jp http://bit.ly/yYzOge から
rashita rashita 星4つ 複雑系についての本。 さまざまな分野が抱える問題を「複雑性」の視点で眺めてみると、違った解決法が出てくるかもしれない、という点が面白かった。 エージェントとゲームによって創発が起こる、というのならば、おそらくアイデア発想にも同様の手法を導入することができるだろう。 この辺はもうちょっと踏み込んで考えてもよいテーマだと思う。
kuma_m kuma_m 星4つ このテーマはかなり専門性が高く理解するのが難しい。しかし、   私たちの身の回りで起こっていることが、沢山あるのでその   現象はかなりイメージしやすい。そのメカニズムを追求していく   この著書は、かなりトライアルである。
naokis naokis HONZで見つけた。面白そうだ。「複雑系」を理解すれあ、世の中の複雑な現象を科学的に理解できる、にちがいない。
inanob inanob 不確実な未来を予測・制御しうることを豊富な事例とともに伝えてくれる。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist