メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
生き方―人間として一番大切なこと
Amazon価格: 1,836円 (2017年01月25日 10時35分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


kjmtky kjmtky 星5つ 魂を磨くための人生。 人間として正しいことを実行する、世の中のためになる経営。 一日一日をド真剣に生きる。 人間としての指針が書かれている。 --- ・村紗カイ(blog2016/12):仕事がデキる人になりたいあなたにおすすめの本. ・大岩俊之「年収を上げる読書術」(2016/1):年収を上げるのに役だった本. ・佐渡島庸平「新世代CEOの本棚」(2016/3) ・日比野隆司(日本経済新聞2012/6/24):「リーダーの本棚」
kenyam kenyam 経営者としてはもちろんであるが,一人の人間としてすばらしい方である. 時に「それは正しい選択なのか」と迷ったときにぜひ指針としたい言葉がたくさんある.いずれまた読み返してみたい.
kumasancom kumasancom 星5つ 人生をより良く生き、幸福をつかむ方程式は『 人生 ・仕事の結果 =考え方 ×熱意 ×能力』で表される。この中で最も重要なのは「考え方」で、これがマイナスだと結果も負の方向に向かってしまう。「人間として何が正しいか?」というシンプルな判断基準を常に生きる基軸に据えると良い。 そして、正しい生き方を実践するためには人一倍厳しい生き方をおのれに課し 、絶えず自分を律することが必要不可欠。 また、夢を持ち、実現に向けて創意工夫など日々の努力を懸命に積み重ねれば、平凡を非凡に変えることもできる。 さらに、世...
ttsubuan ttsubuan オーディオブック
jaguarico jaguarico ウィッシュ 『マンガでわかるビジネス名著 5分で身に着く成功法則』 「成功者たちから学ぶ』にin
masa730 masa730 読み終わりました。 「引き寄せの法則」に関して稲盛さんも同じことを書かれているなというのと、仕事に対する考えの持ち方が刺さりました。
moka21 moka21 NHK「NEWS WEB」で紹介されたのを見た、読んでみよう。 NEWS WEB in 大阪 今夜放送!井上あさひです。 | アナ・キャスの部屋 | NHK大阪放送局ブログ http://www.nhk.or.jp/osaka-blog/announce/232581.html NHK京都「ニュース630京いちにち 京都プレミアムインタビュー」に出演 | 稲盛和夫 OFFICIAL SITE http://www.kyocera.co.jp/inamori/news/2015/10/news48.html NHK京都「ニュース630京いちにち」に出演(インタビュー後編) | 稲盛和夫 OFFICIAL SITE http://www.kyocera.co.jp/inamori/news/2015/11/news50.html
altariel altariel 図書館で借りた
ama98 ama98 星3つ 最近、暇だからか知らんけど自己啓発本的なのを読んでしまってる。 もっと他に読むべき本あるだろって思うんだけど、何か自己啓発本って読んでるだけでマトモな人間になった気分になるからこの年頃には読まれてるんだろうな。 さて、本書は京セラ、KDDIを創業した稲盛和夫氏の人間としての生き方について書かれた本である。 最近だと稲盛さんはJAL再建にも関わっておりますね。 そんな人の生き方に関する哲学を説いた本です。 と、それっぽいこと書いてますけど、京セラに入った友人が自分にはいてですね。彼はその会社を若干宗教っ...
mic64 mic64 星3つ start:2015.10.25
jhrujh jhrujh 内容紹介 二つの世界的大企業・京セラとKDDIを創業した著者が、その成功の礎となった「人生哲学」をあますところなく語りつくした名著『生き方』。経営も人生も、成功の秘訣は「人間として正しいこと」を追求し、徹底すること――その清澄明朗たる主張に、十代から九十代に至る多くの読者が共鳴・共感し、2004年の刊行以来3年の時を経て、50万部を突破しました。 ページをめくるたびに心をゆさぶるあの感動を、豪華函入り布装の特装版で、ぜひもう一度。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付け...
hachisafe hachisafe <目的、行動目標> ・ <レビュータイトル> <レビュー本文> ・ <アクション> ・
junya_kobayashi junya_kobayashi 読書メーターからの引っ越し 言いたいことはわかる気もするが、どうにも難しそう。共感出来ない部分もある。 仏教的な概念をつらつら書いてある。
tagutomi tagutomi 星3つ 正しい生き方とは1人1人の人生を成功と栄光に導き、人類に平和と幸福をもたらす王道である。 そのためにはどうすればいいかがこの本に書かれている。 原理原則から考えると、考え方のベクトルが全てを決める。  人生=考え方×熱意×能力 であらわすことができる。熱意、能力は0~100だが、考え方は-100~100。 プラス方向の考え方を持たなければならない。 心を磨くには6つの精進が大切である。 ・努力をする ・謙虚である ・反省して改める ・生きていることに感謝する ・善行、利他行をする ・感性的(不平、不満)な悩みをしない そし...
akinbo511 akinbo511 『書店ガール4』就活フェア
yoshio_2010 yoshio_2010 星4つ 人生の方程式。人生・仕事の成果=考え方×熱意×能力。考え方にはプラスとマイナスがある。どんなに能力が高く、熱意があっても、人の為にならない方向の考え方をしている人の成果はマイナスである。仏門に入り得度されたとか。仏教的な考え方がよく現れている。心が全て。心の持ち方で出来事が変わってくる。
jiro1234 jiro1234  生き方 (Japanese Edition) by 稲盛 和夫 You have 4 highlighted passages You have 0 notes Last annotated on January 26, 2015 そうやって思い、考え、練っていくことをしつようにくり返していると、成功への道筋があたかも一度通った道であるかのように「見えて」きます。最初は夢でしかなかったものがしだいに現実に近づき、やがて夢と現実の境目がなくなって、すでに実現したことであるかのように、その達成した状態、完成した形が頭の中に、あるいは目の前に克明に思い描けるようになるのです。  しかも、それが白黒で見える...
hironakaji hironakaji 星5つ 今年11冊目 稲盛さんと個別に対話しているように読みました。 心に染みる言葉がいっぱいありました。
sinn356f sinn356f ウィッシュ ■セールスに通じる“利他の心” 『生き方』   稲盛和夫/サンマーク出版 京セラグループを創設し、実業家として一世を風靡した著者がたどり着いた経営の神髄は利他の心。「誰しも儲けたいという欲はあってもいいが、人にもよかれという“大欲”をもって公益を図ること。その利他の精神が巡りめぐって自分にも利をもたらす」と説く。顧客の心をつかむには、まず顧客に尽くすことが必要で、営業にも通ずる。本書には、営業の奥義が示されている。
afleeter afleeter 星4つ 世の中のことは思うようにならない これは「思うとおりにならないのが人生だ」と考えているから、その通りの結果を呼び寄せているだけで、実は思ったとおりになっている。 心が叫ばない者が自分に近づいてくるはずがない 物事成就の母体は強烈な願望 それが白黒で見えるうちはまだ不十分で、より現実に近くカラーで見えてくる 楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する 否定的なことを考える心が、否定的な現実を引き寄せる できないことがあったとしても、それはいまの自分にはできないだけであって、将来の自分になら...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist