メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
彼女たちの売春(ワリキリ) 社会からの斥力、出会い系の引力
Amazon価格: 1,404円 (2017年12月15日 11時31分 時点)
荻上 チキ
扶桑社 (2012-11-29)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


yonosuke yonosuke 記載なし。
southk southk 星5つ 「ワリキリ」って嫌な言葉だなあ。 「あなたが自分で割り切ってやったんだから、自己責任でしょう?」と言わんばかり。 実際には彼女たちは、かなりの割り合いで支援を必要としているのに。 DV、生活苦、精神疾患(これは自分も当事者なので辛かった)、シングルマザー…… 女性の売春に妙な文脈を読み取って、彼女たちこそ「いま」を生きているのだとブチあげる社会学者がいたけど、彼女たちに本当に必要なのは、そんなロジックじゃなくて、具体的で地道な支援だよね。
gymno gymno 星5つ ケースワークのようにも見えるがちょっと違う。 数人の聞き取りと論評 という形式が5つくらい連なって合計20人位のワリキリ女性が紹介されている形式。聞き取りはおそらく臨場感重視で簡潔な文体ながらなるべく雰囲気を伝えようとしている。論評は個々の聞き取りについてではなく、様々な個々のテーマ つまり社会からの斥力とワリキリからの引力を設けて関連する具体例を聞き取りから引用するスタイル。テーマは社会からの斥力やワリキリの引力としてお金精神疾患DV働きやすさ風俗との違い地域性男性側の特徴シングルマザーなど。 ...
noriaki noriaki 368か
m-yamagu m-yamagu 星2つ [新聞書評] 出会い系売春についてのレポート。 たんたんと読む。
bjt96660 bjt96660 ウィッシュ 『セックスメディア30年史』(2011)の各論&状況論といった位置づけ。
eniac eniac 
sazanami-jp sazanami-jp http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013012700013.html から
wishmountain wishmountain 星3つ 知識は力だと思った。
akinbo511 akinbo511 星4つ チキさんが直接会ったワリキリをしている女性の取材結果をまとめた本。何度かラジオで話しているのを聞いていたが、想像以上に壮絶な人生があったり、あっけらかんとワリキリをしている女性がいたりして、ひとくくりにはできない実態が見えたような気がする。 著者が挙げている飯田康之氏や鈴木大介氏の本も読んでみたい。
ides ides 星5つ 現在までの「ウリ」の言説に経済的貧困を導入した著書。売春をする多くの人たちは、お金に困っているという当たり前のことがなぜ今まで書かれなかったのかが、むしろ興味深い。女性への夢なのか。
liionn liionn 星5つ いっきに読んでしまった。 「お金だけで割り切った、大人の関係。」=「ワリキリ」=売春 売春はけっして過去の問題でも個人の道徳的な問題でもない。 お金を得る為に「彼女たち」は「ワリキリ」という手段を選ぶが、 その背景には「出会い系の引力」だけでなく「社会からの斥力」も絶対的に存在している。 読んでいてまるで別世界のように思えてめまいがする部分もある一方、苦しいくらいに共感する箇所もあった。別世界じゃない。確かに私が生活している社会の一面。 読み終わったばかりで何だか感情が高まっている。 もう少し落ち...
psypub psypub ■荻上 チキ (著)
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist