メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
量子コンピューターが本当にすごい (PHP新書)
Amazon価格: 907円 (2017年07月25日 17時37分 時点)
竹内 薫
PHP研究所 (2015-05-16)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


missing1973 missing1973 星3つ 個人的には、この本を読んで「量子コンピュータ」がわかるかというと、たぶんよくわからないと思う。 量子コンピュータの説明に入るまで、計算の概念、コンピュータの概念と歴史、量子の説明、暗号と、たしかに大事な部分ではあるが、ちょっと冗長すぎる。 結局、量子コンピュータの説明に入るのが第6章234ページで、量子コンピュータの説明は70ページ弱程度。 しかもなぜか関西弁で書いてある。話し言葉は基本的に冗長になりやすいので、ちょっと水増しがすぎるように思う。 暗号が簡単に解析できるようになるという点で興味...
mstkmulling mstkmulling アインシュタインとコンプトンとド・ブロイによる粒子性と波動性へと導いて、波動力学と行列力学の対立と統合を通り、ア・イ・シ・テ・ルのサイン [続きを読む]
asphoundation asphoundation なんだかんだで、やっぱり難しい。 量子コンピューターってなんだろうっておもってたら、 パソコンやら暗号やらなんか、遠い。 最後にようやく本編に入ったらすぐ終わる。 というか、素直には理解できない。
sickboy sickboy 星4つ 量子コンピューターの可能性について確認したくて購入、通読 5,6年前に、サイモンシンの暗号の本を読んだ時には量子コンピューターは、まだ実現には程遠い未来の世界のツールだと感じていましたが、本書を読む限り、汎用化までいけるかは別として手の届く技術になるのもそう遠くないと感じました。 とくに、おもしろかったのが、既存の物理法則ベースでのコンピュータではなく、可能性(量子)ベースでのコンピューターになるので、既存の機能との比較として得手、不得手がある。このことは、汎用系のパーソナルコンピューターを使...
eniac eniac 
horiefamily horiefamily 星5つ 量子コンピューターそのものについては解説が難しく、というかあまりまだ見えてないと言う感じの説明であることから、その作用原理などは理解出来ない。やっぱり量子論になると感覚的に納得出来るまでの理解が出来ず。大まかに量子コンピューターというとてつもない世界がそろそろ始まってきたのかと言う感覚は持つ事が出来た。それにしても著者の竹内薫氏はいつもながら難しい話をうまく説明してくれる。今回の本の文章形態は、ちょっと軽めの会話っぽく書いているが、コンピューターの歴史的説明などは再確認する意味でも面白い。こ...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist