メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
これから何が起こるのか
Amazon価格: 1,620円 (2017年10月22日 15時24分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


htsynz htsynz 星4つ 発行されてから五年経つが、当たっているなあ。
takeshi38 takeshi38 星4つ Web2.0が流行したころの本なので少し古い感じはあるが、「販売促進→購買支援→生活提案」というビジネスモデル変化、「商品開発→商品生態系の創発」という商品戦略の変化、「知識の囲い込み→メタレベルな知恵の共有」というナレッジマネジメント・戦略の変化、など抽象的ながら参考になる。
arichan2 arichan2 SNSやtwitter、ブログなどの興隆に代表されるWeb2.0革命が引き起こす情報革命についての書。情報革命とは、情報のあり方の革命であり、情報の価値がなくなっていく社会である。 本書の内容は、いくらか「プロフェッショナル進化論」と重複する箇所もあったが、十分に楽しむことができた。
aratakasai aratakasai ウィッシュ 千葉ともさん推薦
kazupochi kazupochi 星4つ 処分
naokis naokis 星5つ 田坂氏は類似書が多いが、改めて本書も読んだ。 目次 序文ーこれから何が起こるのか 「ウェブ2.0革命」が資本主義のすべてを変えていく 第一話 情報革命によって、劇的な「権力の移行」が起こる 第二話 消費者が、企業を使って「商品開発」を行うようになる 第三話 企業は「販売促進」よりも「購買支援」をしなければならなくなる 第四話 ビジネスの本質が「商品の提供」ではなく「ライフスタイルの提案」になる 第五話 「良い商品」を創っても、売れない時代が到来する。 第六話 「他者の智恵」や「顧客の智恵」をマネジメ...
y-kikuchi y-kikuchi 星4つ 田坂広志さんの本。WEB2.0革命がこれからの社会にどんな影響を及ぼすのかを書いてある。社会の仕組みが変わっていく中、その本質を見極めるヒントがある。
stojkovic stojkovic 星4つ 2006年11月出版の本。Web2.0の時代=日本の時代という主張。 特に気に入ったのはP305-306の記述 いま、我々は、足下を見つめるべきでしょう。 この日本という国に生まれ、育まれた資本主義の精神。 それは、いま、世界が学ぶべき深みをもって、現代に甦ってきています。 渋沢栄一の語る「右手に算盤、左手に論語」の思想。 近江商人に受け継がれた「三方、良し」の心得。 住友の家訓、「浮利を追わず」の言葉。 いま、欧米諸国が「CSR」の思想を高らかに語っている、その遙か以前にこの日本という国には、その思想があった。 そして...
ater ater 時代の変化を読み解く × 75。 2006年の本ということで、Web2.0が騒がれたころの内容です。1年以上前に読んだ本ですが、今になって読み返してみるのも面白いかな、と思ってみたり。
ichiro ichiro 星4つ インターネット(web2.0)がこれから発生させる経済の変異、およびそれから発生する社会の変異について、予見が多岐にわたり説明されている。それぞれの予見、予想は、著者の知見の深さ、広さを感じさせるし、実際読んでいて納得させられる。是非読むべし。
askmt askmt ウィッシュ Webook 2006.11.29
chan chan 星1つ 他人に調べさせた情報をまとめたって感じの本。浅い
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist