メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
Amazon価格: 1,944円 (2017年11月25日 07時13分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


ryogongt ryogongt 11/7-11/19 文京。意外と早く来た。もっとかかるかと思ったが。 これからの時代は、100年生きることが普通になる。 企業も個人も、これまでのように3ステージ型の人生を前提とはできなくなる。特に個人は。 70-80代になっても働くことが普通になる時代においては、ずっとIntensityの高い仕事に従事することは不可能。 それは無形の資産が乏しくなるため。スキルなどもそうだし、家族や友人との関係の面でも。 今後は一定期間働いたあと、スキルを習得するために学校に通い直したり、家族との時間を過ごすために働く時間を調整するこ...
muraken muraken 星4つ ロンドンビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏、アンドリュー・スコット氏の著書です。 長寿化により平均寿命が100年を超える100年ライフは、我々のライフスタイルに大きな変化をもたらす。 教育、仕事、引退の3ステージの人生は、機能しない。 引退期間が長くなるため、引退期間の生活を支える資金が不足する可能性が高くなるため、より仕事をする期間が長くなる。 仕事も機械化、AI化により大きな変化を遂げるはずである。 また、無形の資産である生産性資産(スキルと知識)、活力資産(健康)、変身資産(人的ネットワ...
osawa_t osawa_t ふむ
gratius_2011 gratius_2011 星2つ 2007年生まれの人は100歳まで生きる確率が50%以上(ここ説得力なし) 資産を以下の3つに分けて考える ①生産性資産  知識・評判・人脈 ②活力資産  健康・家族友人関係・人生のバランス ③有形の資産  貯蓄・資産 人生のステージによってこれらの資産は変化する。 寿命が延びるに従い、旧来の3ステージ型人生では立ち行かなくなる。 マルチステージ型人生を個人も企業も社会も目指すべき。
maru-5 maru-5 「ライフ・シフト~100年時代の人生戦略」 突然ですが、自分の年代が将来予測で何歳まで生きるかご存知ですか? 医療技術やAIが急速に発達してきたとはいえ、寿命100年なんてまだまだ先のことだと思ってました。 しかし、それもそう遠くない未来に可能になると言われています。 その時、何を思い、どう行動するのか? 一人ひとりの価値観は違いますが、今までの社会の常識が崩壊し、自分のライフスタイルをも変化させる必要が出てきます。 この本には気になるキーワードがたくさん出てきて、「自分の資産」と「どうライフシフトし...
snowtop snowtop 星3つ  最近、センテナリアンや100年人生という言葉が巷でよく聞かれるようになった。  『ワーク・シフト』で新しい働き方を示唆した著者が、本書では長寿となった現代人の人生そのものの定義のし直しを提言する。『ワーク・シフト』でも、高齢になって元気に働く世界が来ることを予言し、そのための準備を怠らないことが重要だと述べていた。  本書では、いよいよその予言が現実味を帯びてきた中で、今を生きるそれぞれの世代が何を準備しなければいけないか、4つの代表的な資産の変遷シナリオを提示しながら提言している。 ・生産性...
osada1188 osada1188 星5つ 医療が発達した現代において、誰でも100歳まで行ける現代で人生をいかにすごすか。私も56歳自分が社会人になった時だったら定年です。年金もたぶん無理かなという時代で、著者の言われるように80過ぎまで楽しく働いて人生を楽しむことが必要なんですね。はぁー大変だ。後50年のプランなんて全然考えてないです。
qp21 qp21 星5つ 人生が100年と考えたときに必要な要素の解説。 あとは必要な要素を自分の場合にはどのように形成していくか。 まったく誰もがやっていないことをやる必要がある、ということを提示している訳ではないが、そこに100年という目標が加わったことで考え方や見方が変わってくる。
naokis naokis 星5つ 前著を読んでいませんので、前著を読んだ方には、平均寿命の話はご存知かもしれません。本書ではアメリカの話を中心に書かれていますので、ここ日本においての統計上を確認したいと思います。 厚生労働省の発表によると、2015年時点の日本人の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳です。グラットンによれば、現在生まれた世代は、今後の医学の進歩により平均年齢が100歳になる可能性があるとのことです。えっ?そんなばかな、と思ったのですが・・・ 【書評】『LIFE SHIFT』 100年時代の人生戦略 : なおきのブログ 【書評】『LI...
je2aqj je2aqj 星4つ 100年ライフ。 自分自身は、100歳は無理だろうけど、若い人に読んでもらいたいですね。 とかく、高齢化というと、暗い話題が多いですが、前向きに考えて。 早く、気づいた者勝ちなのでしょうね?「ワークシフト」と併せて。 働き方が変わり多様化する。「老後」という言葉の定義も変わってくるかもしれないが、 お金と時間を如何に使うか?準備、環境整備は、自己責任の時代。
kjmtky kjmtky 星3つ 100年以上生きる人が当たり前。それには、教育→仕事→引退モデルではだめ。 やや抽象的すぎると感じた。
countand1 countand1 星4つ 100年時代の人生戦略 115-116テクノロジーの見方 121友人関係、知識、健康を資産と考える。投資しなければ価値が下がり、消失する 162寄せられた意見に内省することが大切 170 100年ライフの大きな特徴の一つは、ライフスタイルと人生の道筋が多様になること 312娯楽ではなく、再創造 リ・クリエーション
socho socho 星4つ これからの人々は100年生きる。 そのときに、無形資産をどう増やせるかを真剣に考える必要がある。 自分はどうなりたいか、家族とどう暮らしていきたいか、何をいつ学ぶべきか考えていかなくてはならない。 それらを手にするためにもIT技術を駆使して効率的に物事を進めることは必要であると考えられる。
panda88 panda88 【目次】
kin333 kin333 
kimidori kimidori 星4つ  長寿化社会を迎え、人々が今より一層長期間労働することになるという前提の下、いままでの一つの会社に入って定年まで勤めあげるというモデルではない新しいモデルを模索している。 ============================= <キャリアと選択>  人生で多くのステージと多くのキャリアを経験するようになれば、そのすべてを貫く一本の柱が一層必要。  基盤をなすのは、相互の信頼だ。  物事に習熟するうえでカギを握るのは自己効力感(自分ならできる)と自己主体感(自ら取り組む認識)だ。  いずれに...
ymmsd ymmsd 星5つ P30若々しく生きる 1.18-30才選択肢をせばめない生き方 2.生涯を通じた柔軟性と適応力を持つ 3.エイジとステージの一致解消により世代間コミュニケーションがふえる P111ポランニーのパラドックス 人は言葉で表現できる以上の知識がある モラヴェックのパラドックス コンピュータに知能テストで成人レベル並のパフォーマンスを発揮させることはできるが、一歳児のパフォーマンスをは発揮できない。 →学習の過程はコピーできない。 P117 AIにとって変わらない業務は何かを考える。 P127 無形資産 1.生産性資産 高度な直感的判断、対人関...
mediamatty mediamatty まともな本。
amuzak0831 amuzak0831 星3つ 【目次】 序。100年ライフ 1.長い生涯 2.過去の資金計画 3.雇用の未来 4.見えない「資産」 5.新しいシナリオ 6.新しいステージ 7.新しいお金の考え方 8.新しい時間の使い方 9.未来の人間関係 終.変革への課題 【キーワード/キーセンテンス】 【まとめ】 ●前提事項 老後の生活資金:最終所得の50% 長期の投資利益率:年平均3% 所得上昇のペース:年平均4% 何歳で引退したいか:65歳 ●1つは人間が「絶対優位」を持っている仕事、もう一つは人間が「比較優位」を持っている仕事 ⇒課題処理能力、創造性、共感、...
naokieika naokieika honto
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist