メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
LIFE SHIFT(ライフ・シフト)
Amazon価格: 1,944円 (2017年07月23日 19時41分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


naokis naokis 星5つ 前著を読んでいませんので、前著を読んだ方には、平均寿命の話はご存知かもしれません。本書ではアメリカの話を中心に書かれていますので、ここ日本においての統計上を確認したいと思います。 厚生労働省の発表によると、2015年時点の日本人の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳です。グラットンによれば、現在生まれた世代は、今後の医学の進歩により平均年齢が100歳になる可能性があるとのことです。えっ?そんなばかな、と思ったのですが・・・ 【書評】『LIFE SHIFT』 100年時代の人生戦略 : なおきのブログ 【書評】『LI...
panda88 panda88 【目次】
ymmsd ymmsd 星5つ P30若々しく生きる 1.18-30才選択肢をせばめない生き方 2.生涯を通じた柔軟性と適応力を持つ 3.エイジとステージの一致解消により世代間コミュニケーションがふえる P111ポランニーのパラドックス 人は言葉で表現できる以上の知識がある モラヴェックのパラドックス コンピュータに知能テストで成人レベル並のパフォーマンスを発揮させることはできるが、一歳児のパフォーマンスをは発揮できない。 →学習の過程はコピーできない。 P117 AIにとって変わらない業務は何かを考える。 P127 無形資産 1.生産性資産 高度な直感的判断、対人関...
mediamatty mediamatty まともな本。
amuzak0831 amuzak0831 星3つ 【目次】 序。100年ライフ 1.長い生涯 2.過去の資金計画 3.雇用の未来 4.見えない「資産」 5.新しいシナリオ 6.新しいステージ 7.新しいお金の考え方 8.新しい時間の使い方 9.未来の人間関係 終.変革への課題 【キーワード/キーセンテンス】 【まとめ】 ●前提事項 老後の生活資金:最終所得の50% 長期の投資利益率:年平均3% 所得上昇のペース:年平均4% 何歳で引退したいか:65歳 ●1つは人間が「絶対優位」を持っている仕事、もう一つは人間が「比較優位」を持っている仕事 ⇒課題処理能力、創造性、共感、...
kjmtky kjmtky ・ビジネス書大賞2017:準大賞 ・岡島悦子「リーダーの教養書」(2017/4):リーダーシップ. ・土井英司(2016/10):必読の2乗 ・ビジネス書グランプリ2017(HONZ):総合1位.
naokieika naokieika honto
skimura2 skimura2 世界的に寿命がのびて今の若い世代になると、更に寿命がのびる。今までにの65歳で引退というのは 変化してきて正に100歳時代に突入するという。確かにそう思うがそれだけ寿命がのびると老後の 資金の問題が発生する。本書では引退後も現役の時代の半分の資金が必要という。その為のシナリオ がいくつか紹介されているが、少し物足りなさを感じた。
to_ozeki to_ozeki 星4つ 星4つにしたのは、100年ライフ、人生のマルチステージ化という本のコンセプトをちゃんと説明している内容でだったから。硬派の本。
natsumi natsumi ・2007年に日本で生まれた子供の半分は107年以上生きることが予想される。いま50歳未満の日本人は100年以上生きる時代。 ・長寿化は社会に一大革命をもたらすと言っても過言ではない。人々の働き方、教育の在り方、結婚時期や相手、子供を作るタイミング、余暇の過ごし方、女性の地位など。 ・問題は多くのことが変わりつつあるために過去のロールモデルが役立たないこと。あなたの親の世代に有効だったキャリアや道筋や人生の選択が有効だとは限らない ・選択肢を狭めずに幅広い針路を検討する「エクスプローラー(探検者)」、自由と...
takeshimourib takeshimourib 星2つ --目次 1 章 生 涯――長寿という贈り物 2 章 資金計画――長く働く時代 3 章 仕 事――雇用環境はどう変わる? 4 章 見えない「資産」――お金に換算できないもの 5 章 シナリオ――「将来可能な自己」を思い描く 6 章 ステージ――人生の新しい構成要素 7 章 マ ネ ー――長い人生に必要なお金をまかなう 8 章 時 間――レクリエーションからリ・クリエーションへ 9 章 人間関係――私生活の変容 最終章 変革への課題 --amazon内容紹介 誰もが100年生きうる時代をどう生き抜くか。 働き方、学び方、結婚、子育て、人生のすべてが変わる。 目前に迫る長...
nero0330 nero0330 星4つ 「無形の資産」 1.生産性資産:スキルと知識、仲間、評判 2.活力資産:健康、友人、愛 3.変身資産:
eniac eniac 買 △
takeut takeut 星3つ 人生100年が当たり前になります。いいことなのか悪いことなのか。。。 1.この本を一言で表すと? ・これからの超長寿社会、100年ライフをどう生きるべきかを考察した 2.よかった点を3~5つ ・「3ステージ」の生き方の終わり  →知識の陳腐化に気をつけなければいけない。老後の資金を考えると80歳くらいまで働けるよう知識の更新、生かせれる職業を考えておかなければならない。自分のバージョンアップ。 ・必要な3つの「無形資産」  →生産性資産:仕事で成功し、所得を増やすのに役立つ要素(スキルと知識、仕事仲間、評判) ...
takimasa takimasa 星4つ 長寿化時代をどう生きるか。100歳が当たり前の時代になると生き方を変えなければならない。教育・仕事・引退という3モデルが崩壊する。筆者は金に換算できな見えない「資産」を大事にしろと言う。1生産性資産であるスキルと知識、仲間、評判。2活力資産である健康、生活。3変身資産である自分についての知識、多様性に富んだネットワーク。確かにもう昔のようにバリバリ働いてお金を稼ぎ欲しいものを買うといった生活は豊かだとは言えないのかもしれない。少なくともそのような右肩上がりは望めない世の中になりつつある。長寿...
koyama1026 koyama1026 17.3.5 BS1スペシャル「ダボス会議2017 どう生きる?人生100年時代」 出演者の一人
tizuru tizuru 113
akitake akitake  文藝春秋で紹介。
naoki_numata naoki_numata 星4つ P.356 『重要なのは、あとで変化を突きつけられるのではなく、いま変化を予期して行動することだ。』
kazenomori1 kazenomori1 ! 前作『ワーク・シフト』を超えるインパクト! ◆NHK総合「おはよう日本」、NHKEテレ「ニッポンのジレンマ」など各メディアで大反響! ◆生き方を考え直した、勇気をもらったと、絶賛の声続々! ◆こんな働き方でいいのか? お金や会社に支配されない自分らしい生き方が見える! ◆100年時代を楽しく生き抜く「無形資産」の蓄積法がわかる! 誰もが100年生きうる時代
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist