メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
ワーク・ルールズ!―君の生き方とリーダーシップを変える
Amazon価格: 2,138円 (2017年06月27日 09時16分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


arcadia1159 arcadia1159 星5つ 一通り目を通すのは1.5時間で終わったが、まだまだ丁寧に読む価値がありそう。
takeshimourib takeshimourib 星3つ --目次 1章 創業者になろう 2章 文化は戦略を食う 3章 レイク・ウォビゴンの幻想 4章 最高の人材を探す方法 5章 直感を信じてはいけない 6章 避難所の運営は避難所に任せる 7章 誰もが嫌う業績評価と、グーグルがやろうと決めたこと 8章 トップとボトムに注目しようーー二つのテール 9章 学習する組織を築こう 10章 報酬は不公平でいい 11章 タダ(ほぼタダ)ほどステキなものはない 12章 ナッジ/選択の背中を押す 13章 人生は最高のときばかりじゃない 14章 あなたにも明日からできること 人事オタ...
mstk mstk メモあり。 [続きを読む]
riru riru 星4つ 要約ダイジェスト版 パワーを感じる、力強い
aiming aiming 2冊
togusa03 togusa03 Google人事担当上級副社長。 人材採用や育成の仕組み。
osada1188 osada1188 企業にとって優秀な確保することは、最優先の課題といえる。よくぞここまで公開したものだ。今年のビジネス書を代表する本。現在のグーグルはこの先を行っているんだろうなぁ。
gooska1002 gooska1002 読書会
shakunbook shakunbook 星3つ 所々しか参考にならない
naokis naokis 2016.08.09 東洋経済記事で再発見
kjmtky kjmtky 星5つ ・仲暁子「新世代CEOの本棚」(2016/3) ・森川亮「新世代CEOの本棚」(2016/3) ・ビジネス書大賞2016(2016/6):8位 ・bookvinegar(2015/08/18):★5(2章,14章)、★4(1章,3-5章,8-10章) ・藤原裕之(日本経済新聞20150906):グーグルの人事と組織を解説 ・水本敦則(nanapi2015年09月29日):マネジメントを学んだ良書. ・松尾美里(flier2015/10):4.2 ・中沢 孝夫(東洋経済オンライン2015年09月12日) ・ハーバード・ビジネス・レビュー読者が選ぶベスト経営書2015(2015年12月06日)3位 ・ビジネス書グランプリ2016(2016/2)4位
furu furu ※ちょっと追記しました。 「企業が従業員個人の目標管理をする」「その内容を公表し従業員間で共有する」という、私にとっては「とんでもない横暴」「公開処刑」とも言える件につき、情報収集のために読んでみました。 本書は、Google社の採用・人事評価制度に関するドキュメンタリー。目標設定についてはその一部として取り上げられてています。 結果、本書を読む前とざっと一度読んだ後の私の意見は変わりませんでした。 『個人の目標設定を共有し、結果分析を業績評価に反映させるのは、一部の「ビジョン型」人間にとって有利にな...
cherubino cherubino 星3つ グーグルの人事・福利厚生政策について。 すべてを実験して決めていくやり方はグーグルらしく面白い。 実験結果がきちんと公表されているのも○ ただし、テスト参加者はすべてグーグルの採用試験を通った人なので、一般的な能力、一般的なモチベーションの人からなる会社にも当てはまるものなのかは疑問。 こんな会社で働いてみたいと思わせるリクルーティング施策の一環として書かれた本という面もあると思われる(やめた人が書いている暴露本ではないので)ので、多少の飾りがあることは計算に入れても、ちょっと興味を引かれる会社で...
hondana_cbz hondana_cbz No.1077
qp21 qp21 星3つ googleの物事の決め方の姿勢が何となく分かる。
nyankoteacher nyankoteacher 星3つ 評判が高い本だけど、あんまり感銘は受けず。そりゃ、1個や2個は、ヒントもあるのだが、全部を読む必要はないくらい、内容の割には分厚すぎる。
hiroc hiroc <キーフレーズ> <きっかけ>  本屋で確認
sei1_k sei1_k 優秀な人を雇っているからでしょう。
micnovemth micnovemth 星2つ Google人事担当上級副社長の著書。 Googleにおける採用、育成、評価について述べられており、いくつもの「新しい働き方」の原理を知ることができる。 また、一貫して根底に流れている価値観は、Googleのリーダーシップは社員に賞罰を与えることではなく、業務の妨げになるものを取り除いてチームを鼓舞することに集中するというもの。 そして、それを実現するために出てくるフレーズが「内発的動機」。 これを、社員を成長させるための大きな鍵とし、いかに内発的動機を自然に引き出し、社員がいっそうの自律と能力を感じるられる...
tizuru tizuru 
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist