メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
マカロンはマカロン (創元クライム・クラブ)
Amazon価格: 1,620円 (2017年12月12日 20時53分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


psyche psyche ビストロが舞台の日常の謎シリーズ。
fussan fussan 星4つ 「ビストロ・パ・マル」シリーズ第3弾。 今回も三舟シェフの推理が冴える。 優しく心温まる料理とストーリー。
enri enri 星4つ 新刊出てるのに先日気付いて読了! 相変わらず面白かった-! こういう日常の謎のミステリでも「それはないよね」って設定とかも多いんですが、あるかもしれないな、って謎が多いので読んでいて楽しいです。 それから、フランス料理にはあんまりなじみがないんですが、このシリーズは美味しそうな料理が出てきて、毎回のように出てくる料理をネットで検索して、こんな料理か-!って思ってます。 今回のお話ではベッコフとプラリーヌ入りのブリオッシュというのを食べてみたくなりました。 マカロンは可愛いんですが、なんかあの色と...
nogamam nogamam 星5つ ①コオノトリが運ぶもの ②青い果実のタルト ③共犯のピエ・ド・コレクション ④追憶のブータン・ノワール ⑤ムッシュ・パピヨンに伝言を ⑥マカロンはマカロン ⑦タルタルステーキの罠 ⑧ヴィンテージワインと友情 どれも人間って良くも悪くも味があっていいなぁと思える優しい作品達。得に④⑤⑥が好きかな。
yoru-yume yoru-yume 星4つ 「マカロンはマカロン」近藤史恵著/ 下町の小さなフレンチ・レストラン、ビストロ・パ・マルは、スタッフ四人、カウンター七席、テーブル五つ。フランスの田舎を転々として、料理修業をしてきた変人シェフ三舟さんの気取らない料理と、身も心も温めてくれるヴァン・ショーは大人気。そして、実はこのシェフ、客たちの持ち込む不可解な謎を鮮やかに解く名探偵でもあるのです。豚足をめぐる少年と母親の再婚相手との物語、おしゃれな大学教師が経験した悲しい別れの謎、消えたパティシエが残した言葉「マカロンはマカロン」とは?…等々...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist