メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
金持ち父さん貧乏父さん
Amazon価格: 1,471円 (2017年10月20日 16時01分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


take1031 take1031 星5つ 資産と負債の違いを見極める 会社を作ることで税金を払わないようにする 自分のキャッシュフローを理解する ビビらずまず行動する 資産を増やし、その利益で好きなものを買う 勉強を止めてはならない 専門化になってはいけない 人を動かす術を身に着ける 不動産・有価証券を購入して、そこから利益を得る その利益から贅沢をする 貧乏父さんが現代のほとんどの人間 良い大学に入って、よい会社に入るのはもう意味がない アメリカと日本の違いはある(保険制度はアメリカまで悪くないが、自分が60才の時は同じ状態だろう) 頭に投資する ...
hashiryu hashiryu 星5つ Amazon.co.jp パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親、そしてもう1人は親友の父親で、13才のとき学校を中退した億万長者である。彼の「貧乏人のパパ」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の憂き目をみる(立派な人物ではあるが、週払いの小切手では家計が潤うことは1度もなかった)。一方、「お金持ちのパパ」はそれとは全く対照的な人...
dgakane dgakane 星4つ ブックオフに本を処分しに行って、買取金額の範囲で何か普段読まないものをと思い購入。 独身時代に立ち読み程度に読んだことはあったのだが、その時は全く興味を惹かれなかった。今読むと凄く面白いのは私がおっさん化したからか。まあ、この本に書かれていることを実践しようとすると、自分がいかに資産がなく、負債と支出だらけであるかを意識する必要があるので、現実的には大変ストイックな生活になるよね。なかなか徹底するのは難しそうだけど。 金持ち父さんは、「金持ち父さん」的な世界観からすれば本当に正しい。「金持ち...
torinomedo torinomedo 星4つ 今更ながら読んでみましたが、勉強になりました。
hkawahara hkawahara 星5つ 久々に紹介したくなってきたので再購入・再読。対象年齢の判断が難しい。
nomitomo nomitomo 星5つ ​2016年5月5日に読了! 2016年204冊目。 自分のポケットにお金を入れてくれるものが資産であり、ポケットからお金を奪っていくのが負債である。
lotus lotus これをおすすめされたらマルチの勧誘、というぐらいのいわくつきの本。 おすすめされた時に備えた読んでみた。 読んだというか、ななめ読みとも言えないぐらいの適当読み。 ひとことで言うと「あくせく働くよりも、投資してお金を増やそうぜ!」という話。 私は堅実にあくせく働く方でいいですわ。
yamaarashi yamaarashi 星3つ ・ 中流以下の人間はお金のために働く。金持ちは自分のためにお金を働かせる。 ・ 恐怖と欲望の感情に走らされている人は、お金が多く貰えるようになっても、支出が増えるだけでパターンそのものは決して変わらない。 ・ ファイナンシャルインテイジェンス(お金に関する知性)の乏しい人が持っているお金はすぐなくなる。人生で大事なのはどれだけお金を稼げるかではなく、どれだけお金を持ち続けることができるかだ。 ・ 「会計学」は退屈な科目と思っている人は多いが、お金持ちになろうと思ったら、長い目で見てこれほど役に立つ学...
jaguarico jaguarico 2012/10/08 Bookoff久留米上津店で105円で購入! 『マンガでわかるビジネス名著 5分で身に着く成功法則』 「成功のための必読書』にin
qp21 qp21 星3つ 不労所得を得ましょう、という本。 扇情的な文体なのか、とてもその気になる。
oborozuki oborozuki 星3つ 長らく積んであったのですが読破。 資産と負債の考え方。手に入れたお金を投資に回すことの大事さ。 とはいえ、ここまで行動的に直接的な投資活動をいきなり始めるのは無理かと思います。会計や法律の知識などを十分に持っていれば出来る芸当なのでしょうが、この本を読んだ人全員がいきなり実践するのは厳しいかと思います。 どちらかというと、投資の大事さを再認識することや、日々のネットワークや勉強の意味をあらためてみる本かと思います。
jhrujh jhrujh 商品説明 パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親、そしてもう1人は親友の父親で、13才のとき学校を中退した億万長者である。彼の「貧乏人のパパ」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の憂き目をみる(立派な人物ではあるが、週払いの小切手では家計が潤うことは1度もなかった)。一方、「お金持ちのパパ」はそれとは全く対照的な人生を謳...
nok722 nok722 星3つ お金について勉強するのに読んだ 投資するための心構えなど 資産、負債の考えなど参考になった
honnama1987-3 honnama1987-3 4480863303
ktnmst ktnmst 【所感】 さすがにいろんな所で推薦される図書だけある。金融知識を全く教育されない、日本人としては思考を根本的に考え直す事が必要。そのための好著。何年かに1度読み直したい内容。 【メモ】 ・まず、お金をもたずにいることが怖いから必死ではたらく、そして給料を受け取ると欲張り心が頭をもたげ、あれもこれも買えると考え始める。朝起きて、仕事に行き、請求書を支払う、、、この繰り返しだと、彼らの人生はずっと恐怖と欲望の2つの感情に走らされ続ける。そういう人は、金を多くもらっても支出が増えて、パターンは変わ...
ryogongt ryogongt 星3つ 8/17-21 洗足。 いままでさんざん金持ち父さんシリーズは読んできている(おろらく5-6冊。結構みんなないようが似ています。フォーカスしているポイントが異なるけど、メッセージは一緒なので)ので、目新しい話はなかった。 これまで読んできたもののサマリー的な本で、結構簡単に書いてるなって思った。 フィナンシャル・リテラシーのところとか、まあ色々と、ここはもう少しこういった細かい事情があるのだけど、そこまでは触れられないから載せてないのかなと。 いずれにせよ、忘れかけていたことであり、大事なことは、 ・失...
gooska1002 gooska1002 ウィッシュ 藤井孝一さんオススメ
mm84 mm84 星4つ ・資産とは、  1.自分がいなくても収入を生み出すビジネス 2.株 3.債券 4.投資信託 5.収入を生む不動産 6.手形、借用証書 7.著作権、特許権 8.その他 ・ファイナンシャルインテリジェンスを養え 1.会計力・・・賃貸対照表や損益計算書といった財務諸表を読んで理解できる能力 2.投資力・・・お金がお金を生み出す科学。戦略と方式 3.市場の理解力・・・需要と供給の科学 4.法律力・・・会計や会社に関する法律。会計、投資、市場に関する専門知識のまわりを「会社」で包むと資産の大幅増に役立つ。税の優遇等 ・やりた...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist