メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
未来形の読書術 (ちくまプリマー新書)
Amazon価格: 799円 (2017年10月23日 04時21分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


miyahara7 miyahara7 小説の中の言葉は現実ではないというのが約束事である。だから,読者は自由に解釈できる。誰が読んでも同じ解釈にしかならないようなことになれば,それは小説にとっては死を意味する。そこで,すぐれた作者は,大切なことをあえて書かず,小説の中に隠す。そうすることで,小説を風化から守ろうとする。隠された宝物を探すためにじっくりゆっくり読むのも読者の仕事である。楽しむだけの読書ではなく,じっくりと読み,書かれていないことを自分の解釈で埋める。そのように読むとき,~。
stephn stephn 本を読む前にわかること 小説とはどういうものか 読者はどういう仕事をするのか 「正しさ」は変わることがある 著者:石原千秋(1955-、狛江市、日本文学者)
sugosan sugosan 2014/12/07ブックオフオンラインに売却 2013/05/09読み終わる 2013/05/09読み始める 2013/05/04ブックオフにて購入
amnesiac amnesiac 星4つ 本を読む前にわかること----------------------------- なんで本を選べるか 「それは、自分を知っているからだ。自分が何を知っているのか、何を知らないのか、何がわかるのか、何がわからないのか、何に関心があるのか、何に関心がないのか、そういうことを知っているということである。この本を買うか買わないかを判断することは、本を前にして自分の知っていることや知らないことを確認することだったのだ。買うか買わないか迷うことは、本という鏡に自分を映すことだったのである。」p.18 未来形の...
m-yamagu m-yamagu 星2つ [裏表紙] 普通の読書論とは少し異なり、エッセーのような感じもする。 【参考になった点】 ・つまり、評論とは「ふつう」がよくわかっている人が「ふつう」でないことを書いた文章なのだ。
hibi_coco hibi_coco @大学図書館(11/22)
umaaaa umaaaa ウィッシュ 所蔵館名:美原 状態:在庫 【理由】 「「読むとは何か」、少なくとも「小説を読むとは何か」について、スッキリとした解答が得られた。小説を読む悦びについて、言葉にできずもどかしい思いをしてきたが、本書のおかげで胸はってコレだよ!と言える。」 これはすごくたいせつなことじゃないだろうか。 読むことの正当性が自分の中でどうしても確立できないので、言葉にして書いているのであろうこの本が説明してくれることに期待!  
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist