メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
日本の雇用と中高年 (ちくま新書)
Amazon価格: 842円 (2017年12月13日 08時29分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


toshi1108 toshi1108 発行日等  発行日:2014.5.10 1刷(初版)  体裁:帯 238頁  著者あとがき:  解説: コメント 中高年労働問題 日本型雇用システム=職務の定めのない「メンバーシップ型」、本来スキルの乏しい若者に有利 <ジョブ型労働社会>とその前提となる社会保障政策
tsato tsato 星3つ なぜ会社が年功序列になっているのか。それがどのように社会保障と結びついているのか。それをどのように変えていくべきか。まあ、難しい問題です。
augsto augsto この本の内容を就活するより前に早く知りたかった ほんとうに大切な情報ほどひどく遅れてやってくる
togusa03 togusa03 星2つ ジョブ型雇用:職種による会社契約の提唱。
drtakuya drtakuya 星4つ タイトルは中高年に焦点を当てているが、 中身は戦後日本の労務問題や社会政策まで論じており ジョブ型の雇用への転換の必要性がよく理解できる。 職務記述書が建前だけのものとして飾られるのではなく、職務が雇用の基本になるようにしていくべき。
eniac eniac 
sazanami-jp sazanami-jp http://book.asahi.com/book/9784480067739.html
nolnolnol nolnolnol 内容(「BOOK」データベースより) 労働問題の責任ある唯一の答えは「長く生き、長く働く」を目指すことしかない。けれど社会環境が激変しつつあるなか、雇用と働き方をめぐる問題が噴出している。ひとたびレールを外れると、年齢が足枷になって再挑戦もままならない。損か得か…などといった不毛な議論では、この状況の大転換を見失ってしまう。感情論では雇用は増えないし、不公平も解決できないのだ。では、矛盾だらけの建前と本音のどこが問題か。どのような制度設計が可能なのか。第一人者が労働問題の本質を平易に解き明かす。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist