メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本
Amazon価格: 1,404円 (2017年10月17日 10時50分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


beck beck 星4つ オーディオブックで読了。 基本的な休み方が網羅されていて中々良い本でした。 割と健康意識が高い人だと新たな収穫は少ないかも? 理論より実践という感じで、学術的根拠は省かれているんだけど、 これくらいコンパクトにまとめてくれていた方が、 読むのも試すのも楽なので、著者を信じて実践あるのみです。 まぁ、分かっていても中々実践出来ない僕がいるわけで、 一つでも多く休む技術を生活に取り込んでかなきゃなと。 目次 1章 眠りを変えて疲れを癒す9つの習慣 2章 こころのパワー不足を乗り切る11の方法 3章 自分に心地...
zizouqq zizouqq 星3つ 問題は、適度な疲れなのか「このままじゃヤバい」危険なレベルなのか、です。  ひと晩寝れば次の日は体調が回復している、週末ちょっとだけ寝坊するけど、リフレッシュして過ごせている、このレベルは心配ありません。問題なのは、ひと晩眠っても疲れが残っていて、エネルギーが足りないなと感じたとき。「億劫だな」と思うことが増えてきたら、からだの疲れが溜まっている可能性があります 大切なスケジュールを忘れていた、なかなか考えがまとまらないなど、集中力や注意力が低下してきたなと感じたら、要注意です。からだの疲れが...
masayukin masayukin 星3つ 2015/05/28読了。
plus-life8 plus-life8 再読了しました。2014年30冊目。
plus-life8 plus-life8 読了しました。2014年23冊目。
mogura61 mogura61 自炊
aikeaguinea62 aikeaguinea62 日常診療で、患者さんへのアドバイスのときの参考になりそう。
what-r what-r その日の疲れはその日のうちに、って話。心の疲れと体の疲れは相関するし、相乗もする。
hiroaki_home hiroaki_home 星3つ その通りなので読んでみました。 よく聞く内容が書かれているのですが、頭の整理、振り返りの為にも読書をするタイプなので、今の状況と照らし合わせて読めて良かったです。 健康大事ですね〜
kiikii kiikii 気をつけたい。
daigo678 daigo678 星3つ 頭痛は危険 かつおぶしには満腹を促す効果がある お昼に15分の仮眠がいい
bigfatcatpochi bigfatcatpochi 星5つ 充実した1日だったという実感を持つ事、日中に光を浴びて活動すること、生活リズムを整えることが大事 朝に太陽光を浴びる事で睡眠薬と抗うつ薬の両方の効果が得られる 運動により不安やうつがやわらぎ、やる気が出てくる やりはじめはドーパミンが働かないが、作業を続けるとうなぎ登りに働きが活発になる 深呼吸は副交感神経の働きを強める 待機時間は割り切って、ネット、音楽など時間をつぶすような過ごし方に抑えた方がよい ピンチの時にもテンパらず、笑顔で問題に対処できる人は尊敬される 15分間の昼寝は疲れによく効く 充...
holiday-naturalist holiday-naturalist 星4つ 実践的な話が多く、すぐに試してみたくなる。
tizuru tizuru 498.3
ottyann40 ottyann40 星3つ そのまま。 まずまず。
iwao_y iwao_y 星3つ 【内容】 一日ゴロゴロしているだけでは、疲れはとれません。 上手に休めば、からだはもっとラクになる。 【感想】 有用。 【取り入れること】 □寝起きのフリスク [続きを読む]
fz4001979 fz4001979 星2つ 新しい発見はあまりなかったかな。正論だなあと感じる部分は多かったけど。
allen allen 星3つ 呼吸法「3秒吸って2秒溜めて15秒で吐く」 不安を和らげるのに音楽を使うのは有効 メディテーション 静かな部屋で楽に座る。手は膝に。 目を閉じて力を抜く。 呼吸は鼻を使って。呼吸に集中。 息を吐く時だけ呼吸数を数える。 標準的な時間は10−15分。 着るものを工夫することで気分を変えることが出来るかもしれない。 気に入ったモノを着てみると良い。
to_ozeki to_ozeki 星4つ 
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist