メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
情報ダイエット仕事術
Amazon価格: 1,512円 (2017年09月22日 13時35分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


a_hi a_hi 
h-baba h-baba 星3つ ブログlifehacking.jpの管理人による、仕事術の本。 元々ブログを購読しているので、2008年に発行された本書の内容は以前にブログで読んだこととかなり重複していた。そのため、読まずともだいたい理解できているだろうと高をくくっていたのだが、実際には自分の理解が不十分だったことに気付かされた。(特に、Doingリストの使い方について。) 最近でこそ『エッセンシャル思考』などを読んで仕事を減らすよう心がけるようになったけれど、そういった指摘はもう何年も前にこの本でなされていたのだ。発行された当時に読んでいればよか...
kunisura kunisura 星4つ 情報との付き合い方をスリム化し、身軽で生産性の高い状態を作り出そうという本。 自分が飽きっぽくて気が多い方なんで、1つにフォーカスしていくタイプの方法論はすごく気になってた。 ●特設ページから、シート類をDLできる 情報ダイエット仕事術・特設ページ | Lifehacking.jp http://bit.ly/tJDVDG <引用, 29>「目標」はブレイクダウンで把握、「行動」はボトムアップで管理…<略>…必要なのは、互いに矛盾なく同じ方向を向いているかというチェックです。 <引用, 32>ボトムアップにはこ...
tm2t tm2t 星2つ doing/penddingリストは実践していて効果あり!
birmania birmania シゴタノ
kimidori kimidori 星5つ http://lifehacking.jp/ 目標はブレイクダウン、行動はボトムアップで管理する。 ボトムアップで管理すると失敗の細かい管理ができる。 1 .1日2時間の開放 2.時給の換算 3.80/20→急所どこか 4.理想の1日の習慣化 第3章 1.集中力を発揮しやすいステージ作り 2.ピークに頼らない調子のいい状態の持続 3.悩まなくてもいいように頭をからっぽにして行動パターン化する方法 2分・5分 ・15分 作業を「粒度」によって整理 48 :12分割法 10分間 ダッシュ、2分間休憩法 シングルタスクの方がいい 今やっていることだけをかくリスト 第4...
fuzii fuzii 星5つ 「集中力が続かない」こうした悩みを持っている人の中には「集中力」を短距離走のように100%の能力を出し続けることだと誤解している場合があります。しかし仕事全般において必要なのは、このように息のあがってしまう状態よりも、むしろマラソン選手のような、一定のペースをなるべく長時間維持できる状態なのです。p.72 たとえば英語を学びたいと考えている人は、単語帳や参考書に食いついているだけでなく、いきなり本場の英語を聞き、かつ、話す場を求めることが効果的です。p.132 実践!
sohopa sohopa 星4つ 目標や目的を1つに絞り、成長していくことが成功への最短距離になる。目的と目標と今の行動の方向性さえ正しければ、小さな一歩を継続することで大きな一歩となる。という事が書かれている。この手の本の中では、小手先のHowToで、終わっていないので、読んでいて心が軽くなる良本だと思います。
matsu3939 matsu3939 星4つ モノだけでなく情報を断捨離しなければならない時代がきた。
h_kaoru h_kaoru 星4つ 情報や目的をダイエットして、本当に大切なものに集中しましょう。 という本 後半はいろいろなライフハックを取りまとめた内容です。 手元の大きな付箋でできるDoingリストは活用しようと思います。 目標をダイエットする 時間や仕事の無駄を捨てて調子のいい状態を維持する 小さな成功が持続する仕組みを作る 一つのスペシャリティに集約するのは成長への近道であるばかりでなく、あれも、これもと手を出すよりも、大きな扉を開いてくれる。 人生を変える一つの習慣を作る 1 時間と労力を集中するため 2 効果を確認するため 英...
msapplemaster msapplemaster 星3つ 120430(月)#C 随分前に読み終わりました。そしてあまり印象に残ってないです。おそらくどの工夫も取り入れずみだからでしょう。 120229(水)>120430(月) ----- (  )
shigatakeshi shigatakeshi いろいろと人生が立て込んできて、生産性の上がりそうなものは、かなり積極的に取り入れるこの頃。この本は、そんじょそこらの対処療法を語るものとは一線を画します。それもそのはず。著者は、Lifehacking.jpの方々です。 本当に、このサイトの情報の質と更新頻度には驚かされます。毎回、よくもまぁ、あれだけ質の高い情報を提供してくれることかと、頭の下がる思いです。それだけのアウトプットができる方々ですので、そのインプットの量もハンパではないはずです。それを人生と折り合いをつけながら、日々こなしているわけですか...
weiky weiky 星4つ 「思考を伴う作業においては、無理にマルチ・タスクを行うよりも、片方を片付けてからもう片方にとりかかる、シングル・タスクを徹底したほうが効率がよくなるのです」という文章を見て、ブライアン・トレーシーさんの「カエルを食べてしまえ!」に書いてあったことを思い出しました^^ 私も他の簡単なことに目が移りがちになりますが、自分にムチ打って、今あることを終わらせるようにしなければ、と思いました(笑) また、読み返したいですね!
jufuk jufuk 星5つ やることや、目標を自分の出来る範囲以上に掲げていると感じている。 また、そんなやれていない自分に対して残念に思うことも多い。 本書はそんな僕に、減らす勇気と認める決断を与えてくれた。 「これもイイかも、あったらいいなぁ」は、「なくてもいい」と同義語だと著者が言っているように、自分のやるべきことに集中し、それ以外は極力そぎ落としていきたいと思った。 とは言っても、まだまだインプット不足は否めないし、今を勉強期間と位置づけているので、やりたいことをどこまで減らすかの選択は今後の課題になりそうだ。
kjmtky kjmtky ・佐々木正悟(シゴタノ!091229):やることを減らさなければ始まらない ・立花岳志(blog2011年12月27日):7位
mzjubilee mzjubilee ウィッシュ 2011/12/27:ウィッシュ  「たった1つの習慣」「三振ルール」
bigfatcatpochi bigfatcatpochi 星3つ 完璧さを求めず、必要十分で流すことで、全体のクオリティを犠牲にすることなく、かかる時間を大幅に減らすことができる 仕事の先送りややる気の低下は怠惰だからという理由で生じるのではなく、多くの場合、時間がないと焦っている時の自然な反応 普段使っている手帳に余暇の時間と自己投資の時間を予め記入すること。余暇が十分に取れているという安心感があればそれがセーフティネットとなって仕事の先送りは少なくなる アウトプットは「準備ができたら」、「十分に学んだら」行うのではなく、定期的に行う方が効果的 新しい習...
kyotaro1 kyotaro1 予約済み
daigu daigu 星2つ 精神論を感じた。ダメだ。精神論を感じさせちゃだめだ。
idgounod idgounod 内容(「BOOK」データベースより) デキるビジネスパーソンは、驚くほどスリムに仕事をしている!本当に必要な1つの習慣を中心にすえ、仕事のスタイルをダイエットすることで、かえって大きな力を自分から引き出すことができる。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist