メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
ドラッカー名著集1 経営者の条件
Amazon価格: 1,944円 (2017年10月20日 08時52分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


hashiryu hashiryu 星4つ 内容(「MARC」データベースより) 経営学を創始しかつ確立した経営学者、ピーター・F・ドラッカーの経営書の3大古典のひとつの最新訳。組織の全員がエグゼクティブのように働くべきことを説く、万人のための帝王学。
hollycats hollycats ------------------------------------
atsushi0214 atsushi0214 星3つ ★★★成果をあげるための八つの習慣★★★ ①なされるべきことを考える(自分がしたいことではなく組織としてしなければならないことを考える)★ ②組織のことを考える ③アクションプランをつくる ④意思決定を行う ⑤コミュニケーションを行う ⑥機会に焦点を合わせる ⑦会議の生産性をあげる:会議の目的を明確にすること。 ⑧「私は」でなく「われわれは」を考える ★★★成果をあげる能力は修得するには★★★ ①何に自分の時間がとられているかを知ること。残されたわずかな時間を体系的に管理すること ②仕事ではなく成果に精力を向けること「期待され...
kjmtky kjmtky 星5つ ・ブライアン・トレーシー「フォーカル・ポイント」推薦図書 ・日経ベンチャー2009/3:一度に一つのことしかしない、取り組むべきでない仕事を決めるべき ・尾崎元規(プレジデント100830):一人のビジネスマンとしてよき仕事を成し遂げるためにはどうすべきかを記した書 ・橋本大也(blog2010年9月 6日):『できるエグゼクティブ』の本である。ドラッカーは上司に命じられたこと以上の仕事をする人はすべてエグゼクティブであると言っている。狭義の経営者よりも読者層は広い。 ・加納学(Chase Your Dream !):成果をあげる能力を修得するた...
wwmd wwmd 030(0904) 再読。前回0179。 >2015.09.16(Wed)
n_ardis n_ardis 【本】P.F.ドラッカー『ドラッカー名著集1 経営者の条件』。【感想】成果をあげることを修得するにはどうすればいいのか?「組織としての成果」、「学ぶことはできるが教わることは出来ない」、「8つの習慣化」のキーワードがありました。成果は個人ではなく組織に帰属するものであり、学ぶことから、時間や機会や強みなどなど習慣にしていくんだと・・・。 (まだ短い時間の洗い出しになれておらず、なんだか変な言葉の羅列ですな。。。)
herohero_ herohero_ 星4つ タイトルに”経営者”とはあるが、後書きには、普通の働く人たちのための本とある。 以下の8つが、成果を上げるための習慣とのこと。 1.なされるべきことを考える。2.組織のことを考える。3.アクションプランをつくる。4.意志決定を行う。5.コミュニケーションを行う。6.機会に焦点を合わせる。7.会議の生産性を上げる。、8.「私は」ではなく、「われわれ」を考える。 平易な言葉では書かれているが、実践為ようとしても、まず、なされるべきことを考えるってのが、結構難しい。。。
sinn356f sinn356f ウィッシュ 『経営者の条件』ピーター・F・ドラッカー/ダイヤモンド社 “経営学の創始者”の古典的名著。「著者の言うエグゼクティブの範囲は知的ビジネスマン全般に及ぶ。『強みを生かせ』『時間をコントロールせよ』というメッセージが明確」。
dekadanna dekadanna 星4つ タイトルからてっきり上位マネジメントのための本かと思ったが違った。これはセルフマネジメントの本だった。最重要部はプロフェッショナルの条件にも抜粋されているようだが、時間、貢献、強みに注目するなど、何度か読んで、自分の体にしみ込ませたい内容と思った。
syab2032 syab2032 星5つ 第一に身につけるべき習慣は、なされるべきことを考えることである。何をしたいかではないことに留意してほしい。 なされるべきことはほとんど常に複数である。しかし成果をあげるには手を広げすぎてはならない。一つのことに集中する必要がある。 成果をあげるには、このように自らが得意とするものに集中しなければならない。トップマネジメントが成果をあげれば組織が成果をあげ、トップマネジメントが成果をあげられなければ、組織も成果をあげられないからである。 成果をあげるために身につけるべき第二の習慣、第一のものに...
sasakiei sasakiei タイトル:ドラッカー名著集1 経営者の条件 著者:P.F.ドラッカー ●本書の概要 自分をマネジメント(上手くやる)ことが出来ずに、他人をマネジメントすることはできない。 なぜ私達は「エグゼクティブ=できる人」にならなければならないのか、「エグゼクティブ=できる人」になるためにどうしたらよいのか。 物事を成し遂げる能力は先天的なものではなく、後天的に身につけることができるという。 仕事術の原点がここにある。 ●私の感想 ●「時間管理」について  ・まず自分の時間を正確に計測・記録することからスタートする  ・...
pide pide 星5つ 今さらですが、初めてドラッカーの著作を手に取りました。 タイトルは「経営者の条件」ですが、内容的には「仕事が出来る人の条件」といった方が正しいでしょうか。 第一次⇒第二次⇒第三次産業と産業構造が変化し、肉体労働から知識労働に労働形態が変化してきた中、必ずしも経営者だけでなく、各個人がそれぞれ「エグゼクティブ」として仕事をする上で何が必要なのか?「優れた個人」ではなく「平凡な人たちでどうやってハイパフォーマンスを上げるにはどうしたらよいか?」といった観点から「成果を上げる為の条件」を上げ、それを実...
kazumediamarker kazumediamarker 経営者の条件 ピーター・F・ドラッカー 成果を上げているものはみな成果をあげる力を努力して身につけてきている。 成果をあげることは習得できる。そして習得しなければならない 成果をあげることは習慣であり身につけることができる アクションプランとは意図であって、絶対の約束ではない。拘束ではない。ひとつひとつの成功が新しい機会をもたらし、ひとつの失敗が新しい機会をもたらすがゆえに、頻繁に修正してくべきものである 組織に働くものは、必然的に組織の中で仕事をする。したがって意識的に外の世界を知覚すべく努...
kisamaimomo kisamaimomo 自らをマネジメントすることは常に可能である。 組織は、優秀な人たちがいるから成果をあげるのではない。組織の水準や習慣や気風によって自己開発を動機づけるから、優秀な人たちを持つことになる。 卓越はできないかもしれない。卓越するには特別の才能が必要である。だが成果をあげるには人並みの能力があれば十分である。
bossa5string bossa5string 「マネジメント」じゃないほうのドラッカー、 大学のときに単位落とした記憶あり。 なんか野暮用で図書館で借りる羽目になって読んだのだが・・・ 今読むと実に読みやすい! これは和訳が優れているからもあると思うんだけど、 ドラッカーの伝えたいキーワードが一貫しているからなんだと思う あとは一応社会人になったから、 よく分かるのだと思う 軽いタッチのビジネス本としてはお勧め 割と平易に頭にスッと入ってくる
kannta1217 kannta1217 星4つ 今さらながらでしたが、視察中にじっくり読んでみようと思い携帯していった1冊です。 何度読んでもしみますね。エグゼクティブに組織の全員がなるべきです。
ysbebop ysbebop 星5つ 積読10ヶ月目にして漸く読了。はじめ星4つにしたけど、やっぱ5つ。 原題「The Effective Executive」は、真意を訳せば「できる人」
wwmd wwmd 088(0179)読了日不詳。バージョン未確認。
bo0ok bo0ok 9784478300749
takeut takeut 星5つ 1.この本をひと言でまとめると 当たり前だけど出来てないことが具体的に書かれている本 2.お気に入りコンテンツとその理由を3から5個程度 ・自ら課される要求に応じて成長する   ⇒自分に負荷を掛けないと成長しない。 ・上司の強みを生かすことは部下自信が成果をあげる鍵である   ⇒私の上司は何が目的か徹底的に問う。他部門からの依頼でも納得できなければ引き受けない。それで私を含む部下が守られている。 ・貢献に焦点をあわせることこそ成果をあげる鍵である   ⇒自分が目標達成しているかしか考えていなかった。...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist