メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける
Amazon価格: 1,728円 (2017年11月25日 07時12分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


database database 星5つ ■長い目で見れば、才能よりも重要なのはグリット(やり抜く力)。 ■「情熱」と「粘り強さ」を持つ人が結果を出す。 ■才能があっても、その才能を生かせるかどうかは別の問題。 ■一流の人は「当たり前のこと」ばかりしている。 ・最高のパフォーマンスは、無数の小さなスキルや行動を積み重ねた結果。 ■自分が「ラク」だから人を神格化する。 ■「達成」を得るには「努力」が2回影響する。 ・才能x努力=スキル ・スキルx努力=達成 ■「何分間走れるか」で、その後の人生が予測できる。 ■「今日、必死にやる」より「明日、またトライす...
gymnopedie gymnopedie 星5つ エビデンスに基づく「成功哲学」。 努力>才能 成功は「やり抜く力」がキー。 「やり抜く力」は、「情熱」(熱中ではなく、一つのことに専念すること」と「粘り強さ」 究極的目標に合致するものだけに取組みむ 究極的目標はやり抜く。手段や下位の目標は柔軟に、時に撤退する。 「やり抜く力」は向上させることがきる。 キーは「興味」、「練習」、「目的」、「希望」
katotake katotake 星4つ 挫折した後の継続が極めて重要。 情熱と粘り強さ。つまりグリット(やり抜く力)を持つ人が結果を出す。 才能では成功できない。 やり抜く力と才能は別物。 一流の人は当たり前のことばかりしている。 スキル=才能×努力 達成=スキル×努力 つまり、努力は2回影響する。 努力により才能はスキルになり、努力によりスキルが生かされ、様々なものを生み出す。 今日、必死にやる。より、明日またトライする。 2倍の才能があっても、1/2の努力では負ける。 努力によって初めて才能はスキルになり、努力によりスキルが生かされ、様々なものを生...
je2aqj je2aqj 星4つ 才能×努力=スキル スキル×努力=達成 やり抜く力=興味×練習×目的×希望 興味、目的→情熱、練習、希望→粘り強さ 興味は、新しい物に飛びつくことではなく、「違い」が判るレベルまで極めること。 目的は、自分のためでなく、相手のため、社会のためであること。 練習は、意図的な練習(ストレッチ目標に集中して反復する) 希望は、ストレス耐性が高い脳と楽観主義
muraken muraken 星3つ ペンシルベニア大学心理学教授であるアンジェラ・ダックワース氏の著書です。 成功するためには「やり抜く力」が重要であるという内容です。 内容的には当たり前のことが書かれていますが、研究結果としてのエビデンスがありますので説得力は高いです。 本書では、「緯度的な練習」を繰り返す努力を継続することが、成功へのメゾットであると論じています。 また、その努力を継続する力は鍛えて向上させることも可能であるという点は、読む人に勇気をくれると思います。 私個人としては、才能=「努力を続けられる能力」と考えてい...
yonosuke yonosuke 星3つ あれ、たいしておもしろくない。もっとおもしろい箇所があったような気がするんだけど。セリグマン先生が悪い人なことはわかった。タイトルは「根性」でよかったのではないか。
h-baba h-baba 星4つ 近年、アメリカの教育界で重要視されている「グリット」(やり抜く力)研究の第一人者が長年の研究成果をまとめた本。人々が成功し、偉業を達成するためには、才能よりもグリットのほうが重要であると科学的に証明したという。 グリットとは「情熱」と「粘り強さ」の要素から成る。「情熱」とは、自分の最も重要な目標に対して興味を持ち続け、ひたむきに取り組むこと。「粘り強さ」とは、困難や挫折を味わっても諦めずに努力を続けること。 グリットを内側から伸ばすには、興味・練習・目的・希望が重要。なお、エキスパートたちが採...
taba taba 星5つ ウィッシュ ■■ひところ要約 結果を出すには「やり抜く力」が必要だ。 ■要約 ・「才能×努力」=スキル → 「スキル×努力」=達成    達成するには、努力が2回必要だ。 ・ ~編集中
gratius_2011 gratius_2011 星3つ 売れてブームになっているので借りてみた。 才能よりもGRIT=やり抜く力
masakomary masakomary 星4つ 翻訳本であるが、読みやすい。 能力が高くてもやり抜く力が強いとは限らない。 やり抜く力を身につけたい。
isop isop 星4つ 塾の先生に勧められて読んでみた。 多くの定性的研究の積み重ねで「やり抜く力」の重要性を説明されている。 タイトルにもある通り、「情熱」と「粘り強さ」がカギとなっている。 またどうやったらやり抜く力を伸ばすことができるか、計測できるか、が書かれている。 塾の先生のお勧め、ということで子どものやり抜く力の伸ばし方も書かれており、このあたりを特に読んで実践して欲しいんだろうな、と思った。 厳しいだけでもだめで、甘やかすだけでもだめで、厳しくしつつ温かくしっかりと支えることが重要なんだけど、そのためには...
bazuke41 bazuke41 星5つ いい本だった。反省することばかり。 [続きを読む]
sk2017 sk2017 20170728売却
book_list book_list 星3つ ・興味を掘り下げる。 ・自分のスキルを上回る目標を設定してはそれをクリアする練習を習慣化する。 ・自分の取り組んでいることが、自分よりも大きな目的とつながっていることを意識する。 ・絶望的な状況でも希望を持つことを学ぶ。
aloha-robokon aloha-robokon 星3つ peakの副読本。著者が考案したグリッドスケールという指標を用いて、やりとげる力を説明している。 指標は良い。 やり遂げたことのある人の評価は高いのは分かる。 一方で低い人が訓練したら高くなったみたいな実験がない。 どうしたら良いかについては書かれていない。残念。
tam88 tam88 何かを達成したときに「才能」って言葉で片付けちゃうのはやっぱりちょっと乱暴で、見える、見えないはあるにせよ、努力がそこにはあるのだろう。この継続される努力をGRIT(やり抜く力)という。 社会的相乗効果:ひとりが賢くなると、まわりも賢くなっていく。少し背伸びして、普段の自分よりもレベルの高いところに身を置くことの大切さがここにある。 知れば知るほど、わからないことが出てくる:初心者のなんでも目新しいとベテランの目新しさ、同じ言葉だけど、ベテランはニュアンスの差に目新しさを感じてる。
kjmtky kjmtky ・ビジネス書大賞2017:読者賞 ・ビジネス書グランプリ2017(HONZ):総合4位. ・DHBRベスト経営書2016年2位 ・印南敦史(lifehacker2016/12):2016年の名著.5位
kin333 kin333 才能だけでは成功できない 成功する者と失敗する者を分けるもの やり抜く力 やり抜く力を内側から伸ばす 興味を結びつける 目的を見出す 希望が背中を押す 「今日、必死にやる」より「明日、またトライする」 「なんでも必死にがんばる」のは意味がない 必死に努力する以前に、まずは楽しむことが大事
james james 
kazuhiro_kitara kazuhiro_kitara 星5つ ちょっと大げさかもしれないが、本書を読んで、これからの人生何が大切なのか、確信を得たような気になった。 山あり谷ありの人生という長いマラソンを走り続けるために、『GRIT力』が最も重要であること、『GRIT力』が強ければ、幸福感を失わずに,目の前の困難や挫折を乗り越えるだけでなく、自分なりの大きな目標と興味と希望を持ちそれをやり抜いていける。『GRIT』は、『情熱』と『粘り強さ』の2つの要素からなる。『情熱』とは、自分の最も重要な目標に対して、興味を持ち続け、ひたむきに取り組むこと。『粘り強さ...
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist