メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法
Amazon価格: 1,728円 (2017年04月30日 15時59分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


bune0811 bune0811 なんのために読むのか その本から知ろうとしていること 知りたかったことの答えとその他の気づき
osada1188 osada1188 星3つ 「因果関係」「相関関係」の違いについて、簡潔に説明されています。よくテレビ等で〇〇を食べると〇〇がよくなると言うのは、因果関係がしっかりあるのか検証すべきなんですね。ともすると会社の経営でも同じような勘違いはあると思います。参考になりました。
to_ozeki to_ozeki 星3つ 因果推論の説明の本。初心者向けでもちゃんと説明しているいい本。
james james 
b612 b612 
kjmtky kjmtky ・乾友彦(日本経済新聞2017/4)
nyankoteacher nyankoteacher 星4つ 数式が無いので素早く読める。とはいってもロジック脳をかなり使う読書にはなる。 副流煙と心筋梗塞、自己負担率と死亡率、偏差値と収入、女性役職比率と企業価値など、相関を超えて因果関係の有無を追求する方法について、どういう手法が、今、用いられ活用されているのかというのを掴むために良さそうだ。
t-yoneyama t-yoneyama 星4つ 【因果推論という必須教養】 経済学の専門家・中室牧子氏と津川友介氏が、経済学の最新手法「因果推論」の考え方を教授。原因と結果を見る目を養うことで、根拠のない通説に騙されず真実を見抜く思考が身につく! <3つの実践ポイント> 【1】因果関係とはどういうものか、きちんと整理する 【2】相関関係とはどういうものか、きちんと整理する 【3】示されたデータが、本当に因果関係なのか?と疑う意識を育てる
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist