メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
「超」入門 失敗の本質 日本軍と現代日本に共通する23の組織的ジレンマ
Amazon価格: 1,620円 (2017年05月26日 05時10分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


osada1188 osada1188 今更ながら、野中先生の失敗の本質が名著だと再認識できる解説書。 GW暇つぶしには最高の本かも?! まぁ1時間もあれば読めるでしょ。 戦後60年経っても日本人のトップ層は性懲りも無く同じ過ちを繰り返しているように思うのは私だけか?
yamaarashi yamaarashi 星2つ <読書メモ>・ ゴーンと新生日産自動車は、たった4年で2兆1000億円の負債をすべて返済し、低迷していたシェアを20%にまで引き上げる脅威のV時回復を成し遂げています。奇跡的なV時回復を果たした改善プランの骨子が社内の人間から生み出されたことはいったい何を意味するでしょう。 ・ 日産自動車という集団が、もともと必要な能力を内部に持っていたということです。リーダーが柔軟に組織の全能力を引き出しとことで、大躍進が成し遂げられたのです。愚かなリーダーが「自分の限界」を組織の限界にする一方で、卓越し...
nomitomo nomitomo 星5つ ​2016年6月5日に読了! 2016年280冊目。 名著「失敗の本質」を元に7つの視点からビジネスにどう活かせばいいのかを説く一冊。 失敗を封印してはならない。失敗を分析して誤りを正していけば、いずれは成功への道が開ける。 成功も失敗も分析して本質を見つけることで、次に活かすことができる。
kjmtky kjmtky 星5つ 非常にわかりやすく解説。戦略とは求めるべき指標を決めることだ。日本は努力のゴールが間違っているのではないか。 --- ・神野正史「ビジネス書完全ガイド」(2015/6)
hondana_cbz hondana_cbz 番号:1024
hkawahara hkawahara 星5つ 同僚からの借りた。組織が失敗する時の要点がまとまっている。研修や勉強会で触れてみたい。
wonder_boy wonder_boy 星5つ 図書館:2013/10/20 わかりやすい。 日本軍と米国軍の比較で進めていくのでさらにわかりやすい。
yossyn yossyn 星5つ うかつに行ってしまうミスが、日本人にありがちな誤りであることが確認できた。 イノベーションやルールの変更ができず、練磨する様は、目的も到達点もなく、ただ頑張る精神論につながる。 また、読み直したい。
nomitomo nomitomo 星5つ 2015年4月7日に読了しました! 2015年59冊目です。 歴史に学ぶことはとても大切なことです。 機会があれば、原著の「失敗の本質」も読んでみようと思います。
posi4 posi4 星4つ 1005
tk-2009 tk-2009 星4つ 「失敗の本質」を読んでいるのですが、本書を読むことにより本質が見えてきます。日本軍あるいは現在の日本の問題点を明確にしていると思います。
ryogongt ryogongt 星3つ 11/18-21 センター全体会。3QのAward的なやつ。 2位になった竹内さんと柳生さんがもらってた本。というか柳生さんがもらってた本。 一冊はドラッカー、もう一冊はこれ。 を借りて。 1984年だからに出版された、日本が戦争に負けた理由をまとめた『失敗の本質』をかみ砕いてエッセンスだけ抽出した本なので、軽く読める。 ・「戦略とは追いかける指標のことである」 ・「ゲームのルールを変えたものが勝つ」 ってところか。 それと日本人特有の難しさ(型とか、空気とか、そういうもの)をあわせて、今の日本企業にも、大いに当...
suzukuru suzukuru 星4つ 初めてマインドマップにまとめた本。 日本軍の失敗をベースに現代企業がいかに戦うべきかを指南。
ayamam1127 ayamam1127 本を買ったらMediaMarkerに登録 (→Twitter、Facebookに投稿) 本を読み始めたらMediaMarkerの状態を未読→読中へ 本を読んでる間はドッグイヤーとマーカーのみ マーカーを引いた箇所をInbookに登録 (→Twitter、Facebookに抜き書きを投稿) 本を読了したらMediaMarkerの状態を読中→読了へ (→Toodledoに読書メモを書くタスクを登録) inbookと本を読み返しながら読書メモをMediaMarkerに作成 (→読書メモはEvernoteにも投稿される)
sinn356f sinn356f ウィッシュ 進撃する銀輪の巨人に学べ! 『銀輪の巨人 ジャイアント』/『「超」入門 失敗の本質』 ザ・絶賛エディターズ >>バックナンバー2012年8月8日(水 【私が編集した本読んで下さい!】 『銀輪の巨人 ジャイアント』 担当:東洋経済新報社出版局編集第2部長 山崎 豪敏 『銀輪の巨人 ジャイアント』 野嶋 剛著、東洋経済新報社  『銀輪の巨人』ってなんのことですか?  よくそう聞かれます。  「銀輪」とは自転車のことです。「巨人」は自転車の業界で世界最強のメーカー、「ジャイアント」の存在感と社名のダブルミーニング...
kyan88 kyan88 星5つ 『失敗の本質―日本軍の組織論的研究』を読んだだけでは、もひとつ理解できずスッキリしなかったことが、この本を併せて読むことで、かなりハッキリと見える。日本軍大本営の問題点の多くが、自分の仕事上の組織にも当てはまる。「戦略」を立案することが苦手な日本人の本質が理解できる。「戦略」無くして発展なし。
database database 星3つ ■第二次世界大戦での、全世界死亡者数は6,000万人。日本人は市民を合わせて300万人。 ■強い組織や大きな組織でなく、変化に対応できる組織が生き残る。(ダーウィン進化論) ■大局的な戦略とは「目的達成につながる勝利」と「つながらない勝利」を選別すること。 ・戦略のミスは戦術でカバーすることはできない。 ・戦線の限定・縮小の必要性。 ■戦略とは「追いかける指標」のこと。 ・戦略決定とは「追いかける指標を決める」こと。 ・インテルは追いかける指標を「活用しやすさ」にした。 (日本企業は「処理速度」) ・伊那食品の「...
kakondo kakondo 星4つ 情報戦に負けた日本軍のお話
doniru doniru 星4つ 戦略のない日本軍。 練磨していくのが日本人的。 石原かんじの持久総力戦。 ホンダのスーパーカブ 操縦性能の低いパイロットでも、勝てる飛行機の開発と戦術の考察 目標のための組織ではなく、組織のための目標になりがち。 VT信管でゼロ戦を撃墜 ダブル・ループ学習、、、想定した目標と問題自体が間違ってるのではないかという疑問・検討を含めた学習スタイル。 マッカーサー参謀と呼ばれた堀栄三は、鉄量が勝る方が勝つと言った。 インテルとグローブ、、、僕らがお払い箱になって、取締役会がまったく新しいCEOを連れてきたら...
tachin tachin ためになる本だった。これを読めば失敗の本質を読んだのと同じとはならないが、読んでおくと本編を読むのに役にたつとは思う。 この中で書かれている軍の問題点の多くが、実際に今の自分の仕事上の組織にも当てはまる。 量もそれ程ではないし、多くの人にすすめられる本だった。
コミックレンタル
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist