メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
デッドライン仕事術 (祥伝社新書)
Amazon価格: 799円 (2017年05月28日 00時41分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


asphoundation asphoundation なぜか、つづけて吉越氏を読んでみる。 私の中ではいままでにない、成功法であったため、 気になって、読み進めているが、 しかし、読めば読むほど納得がいかない。 本当に社員方は楽しく毎日を仕事しているのだろうか。 創造的な発想があるのだろうか。 毎日がプレッシャーの連続で、落ち着いて一息入れる暇があるのだろうか。 たしかに、身の回りの自分を含め、生産効率が著しく悪いのは事実であり、 デッドラインの厳しい仕事があるときには、集中力が高まっていることも事実であり、 だがしかし、少なくとも、会議の在り方など...
yasyoshigo yasyoshigo 元トリンプ社長 2015/5/5再購入
osawa_t osawa_t ☆なるほどね。
yokoyokoyoko yokoyokoyoko 星3つ 即断即決を心掛けること。 会議のあり方は、ブレインストームではなく、決定と理由を共有すること。
hibo hibo ・デッドライン仕事術の基本1 すべての仕事にX月X日までという締切日を入れる すべての仕事は「何を、誰が、いつまでに」を明確にする ・デッドライン仕事術の基本2 デッドラインの基本は「明日」。どんどん前倒しにする 仕事は発生した瞬間に取り組むことで、一番効率が上がる ・デッドライン仕事術の基本3 1日分の仕事の優先順位で悩むのは無駄。すぐに仕事に手を着ける。 仕事の効率を上げるためには、朝一からエンジン全開で仕事をする。 ・情報は共有化することで、ある状況について全員が同じ認識を持てるような 「組織全体の...
pomusubi pomusubi テスト
yasutaka1984 yasutaka1984 読了。2014年63冊目!
masa730 masa730 流し読みで再読了
nomitomo nomitomo 星5つ 2014年10月8日に読了しました! 2014年199冊目です。
marubeg marubeg 星3つ 仕事術のタイトルではあるが、実際にはそれに至る考え方や姿勢についてが説かれている。現場で働いている人達にとっては再確認をしながら気付きを得られる内容になっているが、やや辛辣な部分があるのは経営者ならではの視点が多いように思えた。
masa730 masa730 読み終わりました。
ttachi ttachi 再読で読了しました!2013年157冊目。
fuua11 fuua11 はじめに  デッドライン仕事術の二つのポイント  ①毎日、「お尻の時間」を決めて仕事をする(ダラダラ残業禁止)  ②すべての仕事に「締切日」を入れる 第1章 仕事のスピードを3倍にする  残業をなくせば、効率は必ず上がる!   仕事のアウトプット = 能力 * 時間 * 効率    ・能力は一定    ・時間*効率を最大化するには、時間を一定にすることで、効率を上げる!     (時間をダラダラ延ばすと、効率は必ず落ちる)  デッドライン仕事術の基本①   ・すべての仕事に「○月○日」までという締切日を入れる    ...
tizuru tizuru 336
nannan30 nannan30 経営の仕事の答えは、すべて「現場」にあると心得よ
donguri donguri 前半はなかなか、後半は残念。 3章の頭、なぜ日本人は仕事の効率化に意義を感じられないのか? なんだかんだいいながらも仕事してる自分が好きなんじゃないのと安直なことを言ってるが、自身が前半で持ち出した材料から考えるならば、そうはならないだろう。 仕事を量ではなく時間で測る日本の会社は過労死にならないギリギリの線まで社員に働かせるという前提ならば、いくら効率化したところで帰ることのできる時間は変わらず、それどころか効率化してしまえばただでさえ長い拘束時間に加え、いままで以上の仕事量をこなさなければな...
shio shio 星3つ 結構、手厳しい。 でも参考になる考え方あり。 以下、良かった順にメモ ◎会議の正しいやり方 1) プロセスまで含めて「情報を共有化」→現場の判断力を上げる 2) 小さな案件もドンドンとりあげて、リーダーが即断即決で決めよ 3) ブレーンストーミングなんてせずに、担当者に徹底的に考えさせよ 担当者は、「結論」まで用意して会議に出よ 4) 会議で決めたデッドラインは、徹底的に守らせる ◎リーダーの心得 1) 仕事は、デッドラインで管理し、任せる 2) 危機には、「火消し」→「再発防止」→「横展開」で対処 3) いつも、ユーモア...
lucerne lucerne 星3つ いつもの吉越流で目新しい箇所はないけど、「仕事の成果は能力×時間ではなく、能力×時間×効率」を改めて肝に命じよう。
kagome kagome 星4つ 最初は「怖そう」という印象で読み始めたけれど、今の自分に一番足りていないことを学ぶことができたような気がします。 あらゆることに対し、締め切りの設定をすることの大切さを学びました。
dshima dshima 星3つ これまでに読んだ吉越さんの本とほぼ同じ内容だったので、あまり目新しい情報はなし。ただ、仕事に対して甘えを許さない厳しい姿勢で臨む意識を改めて持とうと感じた。細かなテクニック云々ではなく、根本的な姿勢を改めることが効率化の前提にあるように思うので、その点を強く意識して、仕事に取り組んでいこう。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist