メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
死ぬほど読書 (幻冬舎新書)
Amazon価格: 842円 (2017年10月20日 08時54分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


k-kun k-kun 本をよむのは良いことだ、と、改めて教えてくれた。
yasufukuda yasufukuda 12-2-1
ysasa ysasa 星4つ 
onsoku onsoku 著者の丹羽宇一郎は元伊藤忠商事の会長・註中国大使。「自分の頭で考える力」を養うための読書の奨め。自分は実は何も知らないということを自覚するためにも。また,単に知見を吸収するだけでなく,読書を通して本の著者と対話し相手の立場に立って考えられるようになるためにも。とは言え,著者は決して机上の空論を振りかざす人ではない。自分の目で現地を見ることが大切だ,人を理解するためには仕事をやり人間を相手にすることも大事だという持論も。読書によって人を見る目も養われるという。さすがは実務の人だ。 簡単なことを...
eisuke1125 eisuke1125 ウィッシュ ****************************************** こんにちは、土井英司です。 本日ご紹介する一冊は、伊藤忠商事名誉理事であり、早稲田大学特 命教授でもある丹羽宇一郎さんが、読書と情報収集、仕事の極意を 述べた一冊。 著者が読んできた本、読書のあり方、読み方が書かれている、れっ きとした読書本ですが、ベストセラー『人は仕事で磨かれる』を思 わせる、仕事の極意本でもありました。 ※参考:『人は仕事で磨かれる』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167747014/businessbookm-22/ref=nosim 自身の伊藤忠商事時代...
kodaikun kodaikun 星4つ 「読書はしないといけないのか?」、そんな投書が朝日新聞に載った。 それに対して丹羽さんは「読む読まないはその人の自由だから、本なんて読まなくていい」と言う。 でも、読書の楽しみを知っている人には、本を読むことで、どれだけ多くのものを与えられているか分かっているから、本のない人生なんて考えられないと続けます。 読書を通して何を得ることができるか、そのことを丹羽さんの体験を通して語っています。 丹羽さんの仰る通りで、読書を通して、考える力、想像する力、感じる力、知恵や知識を得ることができる。そし...
bookwiz bookwiz 星3つ 元伊藤忠商事社長、丹羽さんの「読書」についての一冊。 大赤字の苦境で社長を引き継いで、一年でV字回復させたのを見て「格好!伊藤忠に入りたい!」と思ったけど、書類で落ちてしまいご縁はなかったけど、相変わらず丹羽さんの考え方が好き。 そして、無類の本好き! 初っ端から「そもそも、本なんて読む必要あるのでしょうか?必要性を感じません」という新聞記事を滅多切りするところからはじまる。活字離れなんて言うけど、やっぱり本を読むと豊かで広い視野を持てるようになると思います。 だから、手当たり次第、本は読みた...
restofwaterimp restofwaterimp 星4つ 日経新聞の広告でみて購入。 読書法というより、著者の生き方について触れられている。 一次情報の大切さ、考えることの大切さなどの心の話。 本を読むことを自身の体験に沿って記載されている。 帯に書いてある「何をどう読むか」を著者の見解で述べられていた。 個人的には教養の考え方が納得 「自分の知らないことを知っている」 「相手の立場になって考えられる」 タイトルは著者自身が考えていることがそのまま出ている。
eisaku0330 eisaku0330 星4つ 170815 本 死ぬほど読書 丹羽宇一郎 読書の大切さを説く ✕言葉が軽くなっている 自分の頭で考える 自立した思考 本当の知を鍛える 知の謙虚さ 自分は何も知らない 知の傲慢さは滅ぼす 情報だけでは不可 +考える =知識 読書は考える 本 人から強制されて読むものではない 劉備 悪、小なるを以て之を為すなかれ 善、小なるを以て之を為さざるなかれ 他人の失敗は役に立たない 自伝は自慢話 ハインリッヒの法則 失敗-ヒヤリ-ハット 1-30-300
kaeru88 kaeru88 星3つ この手の読書論で本書が特別な事は書かれてはいない が 逆に 納得 また読書すり意味意義を再確認できた
nomitomo nomitomo 星5つ 2017年8月9日に読了! 2017年489冊目。 伊藤忠商事前会長の丹羽宇一郎さんが読書の効用や読書術などについて語った本。 「読書をしないといけないのか?」という問いに対する答えは、本書で丹羽さんが書いているように「別に読まなくてもいいよ」となるだろう。ただ、読書を続けることが自分の人生に反映されることは間違いない。私も「なんでもっと本を読む時間を作らなかったんだろう」と後悔している。読書はすぐに役立つものではないけれど、人生のどこかで必ず役に立つ時がくる。そのことを本書は改めて教えてくれる。
naokieika naokieika 星5つ KOBO
koyama1026 koyama1026 17.7.23 ビジネスブックマラソン こんにちは、土井英司です。 本日ご紹介する一冊は、伊藤忠商事名誉理事であり、早稲田大学特 命教授でもある丹羽宇一郎さんが、読書と情報収集、仕事の極意を 述べた一冊。 著者が読んできた本、読書のあり方、読み方が書かれている、れっ きとした読書本ですが、ベストセラー『人は仕事で磨かれる』を思 わせる、仕事の極意本でもありました。 ※参考:『人は仕事で磨かれる』 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167747014/businessbookm-22/ref=nosim 自身の伊藤忠商事時代の失敗から導...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist