メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
革命のファンファーレ 現代のお金と広告
Amazon価格: 1,500円 (2017年12月12日 05時48分 時点)
西野 亮廣
幻冬舎 (2017-10-04)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


masa730 masa730 読み終わりました。
takeut takeut 星4つ 現代の物の売り方、広告の仕方を書いた本です。 主な内容は次の3つ。 ・お金の正体は信用であり、信用を高める方法 ・絵本「えんとつ街のプペル」販売戦略 ・本作「革命のファンファーレ」販売戦略 著者は売り方を本当によく考えて実践しているなと感じました。 これからは信用がお金になるという話は参考になりました。 ・常識のアップデートを止めてはならない ・ここからは、”好きなことを仕事化するしか道が残されていない”時代だ ・後ろめたいことを1ミリもしていなければ、反対派のエネルギーほど使えるものはない。アンチを...
kakitan kakitan 星5つ とてもショッキングで刺激的な本。自ら動いて情報をとり、論理的に考えれば、結果はついてくるということか。半端じゃない。
happy153 happy153 ★MediaMarker★ 購入しました!
hiroc hiroc <キーフレーズ> <きっかけ>
tabetayo tabetayo 実績を示しながらなので納得できたが、真似はできそうにない。 少しでも近づきたい。
neobjenny neobjenny 星5つ 彼の考えかたに実に感心する。いちいちうなずいてしまう。一つでも取り入れていきたい。
koderayu koderayu 西野さんの新刊です。 数日後の講演会の先行予約券(革命のファンファーレ1冊プレゼント)を購入しているので、数日待てば入手できるのですが買ってしまいました。もちろん最初から買うつもりでした。 前半はお金の話、後半は広告の話です。 私自身、最近お金とは何かということをよく考えています。それこそ西野さんのいうように学校では教えてくれませんし、学校以外でも今まで誰も教えてくれませんでした。それは私が「学ぼう」「知ろう」としなかったからです。 なぜ学ばなかったというと、お金というものが身近で当たり前のもの...
eisuke1125 eisuke1125 ウィッシュ こんにちは、土井英司です。 本日ご紹介する一冊は、初版から7万部刷ったということで話題に なっている、西野亮廣さんの『革命のファンファーレ』。 既に『魔法のコンパス』で10万5000部、『えんとつ町のプペル』 で32万部という、驚異の実績を出している著者ですが、今回もマー ケティング戦略が功を奏し、ベストセラー確実の様相を呈しています。 どうしてこんな売り方ができるのか? 裏で何を仕掛けているのか? 気になるところをまとめたのが、本書『革命のファンファーレ』です。 インターネット時代にすっかり変わってし...
negiyanyan negiyanyan とにかく行動、行動、行動。常識を疑い、情報を集め、軌道修正しながら走る。
nomitomo nomitomo 星5つ 2017年10月6日に読了! 2017年622冊目。 現代におけるお金の意味や集め方・使い方、広告戦略のあり方などについて、自身の経験をもとに書かれた本。 現代はいかに「信用」を貯めていくのかが大事。信用を貯めることが商売の基本。時代の変化が激しいからこそ、本質を理解しているかが問われてくる。本書は「信用を貯めることが商売の基本」であるという本質をしっかりと教えてくれる。 本質を理解していないまま行動しても失敗するだけ。もちろん、本質を理解していても行動しなければ、それも失敗と同じこと。本質を見極めて、本質に...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist