メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
あの頃の誰か (光文社文庫 ひ 6-12)
Amazon価格: 637円 (2017年06月25日 12時47分 時点)
東野 圭吾
光文社 (2011-01-12)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


tinygarden tinygarden 星3つ バブルの頃のつんと澄ました女性の話が外国みたいに新鮮で興味深い。拾った記憶喪失の女の子の多重人格と殺人犯の芝居疑惑や、子供を産ませDNA鑑定をし殺人犯を突き止めると脅す話、事故死した筈の母親が娘と入れ替わってその後も人生を送る話、「眠りたくない死にたくない」の現実はこんなものかもという締め等が印象的。
hironakaji hironakaji 星3つ 2015年88冊目 旅行中に読んだ本です。旅行の合間に読むにはこのようなお気軽な短編集があってます。 本書はあとがきで著者が述べてますが、これまで発表された短編の中でどの短編集にもならなかった短編の寄せ集め。全部で8つの短編が掲載されています。 結構、バブル時代に書いた短編なのか、舞台や登場人物が会員制の高級スポーツクラブだったり、主人公が高級車にのっていたり、DINKSの夫婦だったりします。 今回の本に載せるにあたり書き直したのもあるらしく、読んだ後はそれぞれ今後の展開を想像させるうまい収め方。 漫画を読...
specially198 specially198 星3つ 20141020売却 再生魔術の女は面白かった。
tomos tomos 星3つ 短編集 シャレードがいっぱい 玲子とレイコ 再生魔術の女 さよなら『お父さん』 名探偵退場 眠りたい死にたくない 二十年目の約束
miys2 miys2 星2つ メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に踊っていました。時が経ち、歳を取った今こそ振り返って見ませんか。
cazdiver cazdiver 90年あたりの物語が多いので懐かしい(^^ゞ 20年以上前の設定だと、若者はリアリティないだろうなぁ(^^ゞ
mame_mm mame_mm 星3つ 秘密の原型となる短編収録。短編だとかなりイメージ違うな。妻との別れがダイレクトに書かれてる感じ。秘密の方がやっぱりずっと面白いけどね。バブル時代の話が懐かしすぎる。
sato-bon sato-bon 星2つ メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。 あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に躍っていました。時が経ち、歳を取った今こそ振り返ってみませんか-。 東野圭吾が多彩な技巧を駆使して描く、あなただったかもしれれない誰かの物語。名作『秘密』の原型となった「さよなら『お父さん』」ほか全8篇収録。
takeharu takeharu 短編集。秘密の元になった話や、いろいろ面白い話がある。
momomo123 momomo123 星3つ 短編だと少し物足りないかなという印象。通勤時間に読むにはちょうどいい。 「再生魔術の女」が面白かった。
lemon_5 lemon_5 長い間、収録されてこなかった「わけあり物件」を集めた短編集。1990年頃に書かれたものには、やはり時代を感じる。その後の他の小説へのつながりなども見られて、東野ファンにとってはとても愉しい一冊ではないだろうか。
kin333 kin333 星3つ 短編。なによりも内容でなくてバブルな時代の振る舞いにびっくりした。
seria seria 星3つ 出張の時に買って、読まずに置いてあった文庫。 短編集であっという間に読める。どれも、展開は読めちゃうけど、ま、なるほどね、という出来かな。
cha_taka cha_taka 星2つ   東野圭吾曰く、わけあり物件寄せ集めの短編集です。わけあり物件と言いながらも、それなりに読める短編が揃っています。ただ、東野圭吾の本だけにレベルの高い作品を期待してしまうのがツライところ。「秘密」の原型となった作品が収録されてたりしていて、価値はあるかもしれません。
tokosan tokosan 星3つ 東野圭吾の訳あり短編集 シャレードがいっぱい レイコと玲子 再生魔術の女 さよなら「お父さん」 名探偵退場 女も虎も 眠りたい死にたくない 二十年目の約束 自分的には期待外れ。中にはおもしろいのもあったけど… 結論。 訳あり、を差し引いても、短編でミステリーはかなり難しい。 2011/6/5 ブックオフへ
shntr shntr 星3つ 5点。 短編集。 1990年前後に書かれた短編で、書籍未収録作が集められたもの。 それなりに面白いが、本人曰く「わけあり物件」なのが理由か、それほど響いてこない。
mintjam mintjam 星3つ 東野圭吾の短編集 昔の小説はミステリー+ファンタジーちっくかな。
steadjp steadjp せっかく書いたコメントが消えてしまった。いろいろなパターンがあって楽しめた。
tadakatsu48 tadakatsu48 メッシー、アッシー、ミツグ君、長方形の箱のような携帯電話、クリスマスイブのホテル争奪戦。あの頃、誰もが騒がしくも華やかな好景気に踊っていました。時が経ち、歳を取った今こそ振り返ってみませんか。東野圭吾が多彩な技巧を駆使して描く、あなただったかもしれない誰かの物語。名作『秘密』の原型となった「さよなら『おとうさん』」ほか全8篇収録。
ysasa ysasa 
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist