メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
データ分析の力 因果関係に迫る思考法 (光文社新書)
Amazon価格: 842円 (2017年10月18日 03時44分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


countand1 countand1 星3つ データ分析の力 - 因果関係に迫る思考法 伊藤 64-65セルフセレクション 82分析や結果の透明性。分析者以外にも説得力のある説明ができること 98 3つの鉄則 189共通ショック。2つのグループに同じ程度に影響を与える要素 241データ収集の問題点 249効果がなかったことを発表しない出版バイアス。効果を出したいための対象者選定 251-252パートナーバイアス。出版バイアスともに、意に沿わない結果はよに出にくい 253介入の波及効果 265超入門者
yamasho5 yamasho5 図書館331-17
bicheal bicheal RCT分析
nyankoteacher nyankoteacher 星4つ 電気料金の値上げについての節電効果計測をRCT的な手法で検証した結果が中心。ただこの結果も、もともと「エネルギー意識高い系」の母集団というバイアスからは逃れられていないので、慎重な評価は必要だ。
inok6708 inok6708 ウィッシュ 
ledvelvet ledvelvet 星3つ RCT(ランダム化比較試験) RDデザイン(境界線を使って因果関係に迫る自然実験手法) 集積分析(階段状の変化をうまく使い因果関係に迫る手法) パネル・データ分析 について数式を使わず具体的な研究事例をもとにわかりやすく説明していて 理解しやすい良書。
nakamasa40 nakamasa40 ◆内容(「BOOK」データベースより) ビッグデータが存在するだけでは、「因果関係」の見極めはできない。データの扱い、分析、解釈においては、人間の判断が重要な役割を担う―。本書では「広告が売り上げに影響したのか?」「ある政策を行ったことが本当に良い影響をもたらしたのか?」といった、因果関係分析に焦点を当てたデータ分析の入門を展開していきます。序章では、なぜ因果関係を見極めることがビジネスや政策の成功の鍵を握るのか、様々な実例を使いながら解説します。第2章以降では、ランダム化比較試験、RDデザイン、パネル...
kjmtky kjmtky 星2つ 易しすぎた
muranaga muranaga 実務のさまざまな現場で重要な、因果関係の解明に焦点を当てたデータ分析入門。あるいは計量経済学への超入門書。数式を使わないことで、データ分析の手前に必要な「直感的な理解」、センスや思考法を養う。図が多くわかりやすい。データ分析の世界の面白さに目覚めたら、さらに深く勉強してもらうという位置づけの本と言える。とはいえ、付録には数式による証明がついている。巻末にはより深く計量経済学を学ぶ参考図書が紹介されている。 因果関係を導くために、この本で扱っているのはウェブの AB テストに代表される RCT(ランダム...
to_ozeki to_ozeki 星4つ 統計学・計量経済学の入門書として使える。
yabuki yabuki 2017/04/26 初観測
georgebest1969 georgebest1969 これも衝動買い。内容は僕等的には普通ですが、こういうコンテンツが売れるのは因果関係がブームなのか。各手法のlimitationsが明示されているのが潔くてぼくは好きでした。ぼくの中では因果関係は哲学的な問題になっているので、この「先」の議論ができると良いなといつも思ってます。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist