メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 (光文社新書)
Amazon価格: 799円 (2017年06月24日 07時27分 時点)
堀江 貴文
光文社 (2017-03-16)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


junjitakada9 junjitakada9 星3つ 定価で。
shirayu shirayu Vol.396 すべての教育は「洗脳」である。21世紀の脱・学校論。『すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論』(堀江貴文著/光文社) http://www.shirayu.com/letter/2017/000807.html
restofwaterimp restofwaterimp 星5つ 自分のやりたいことをやればいいということを後押しする本 前半は、学校教育に浸かっているため、何かしようと意気込んでも「何かの理由」をつけて やらないとか、誰かに否定されてやらないという状態になっていることを提示。 後半は闇雲にやりたいことを決めるのではなく、3つのタグをつけて、 自分しかできないこと。もしくは世の中ではまだないけど、なんかいけそう。 もしくは楽しそうなことを見つけようということを伝えている。 キーワードは「没頭」 たしかに、子供の頃は時間も忘れて、ゲームをやったり、一つの問題やパ...
noto_jun noto_jun 星5つ さて、ホリエモンの本だ。 毎回新刊が出る度に買い、読み、気分が良くなる僕。 ということで、本作は「教育」をテーマ、でもそこはホリエモンなので小田原評定のような眠い議論を吹っかけることなく、序盤から飛ばしていく。 何しろ、のっけから、 「やればいいじゃん!」 だ。 もう僕はこの一言で、「買って良かったー」と思った。 僕は停滞が嫌いなのだ。 停滞を生み出すのは「躊躇」、そしてほぼ意味のない「我慢」だ。 しかし、僕も躊躇することはあるんだけど、ホリエモンの本を開く度にそのような考えは消し飛ぶわけだ。 そ...
georgebest1969 georgebest1969 吉本隆明の共同幻想論の編み直しかな。言ってることは基本的に賛成ですが、ぼくは共同幻想としての国家の存在には肯定的です。いずれにしてもホリエモンみたいなひとは日本では増えないでしょうねえ。
peitatata peitatata 星5つ いつもやる気にさせてくれる。 ハマることが見つからない。その理由は〜〜って色々述べる。 それはブレーキをかけているだけ。 バカになれ ハマることを探していてはダメ。 ハマるっていうのは結果のことだから、はまった状態を今探しても無意味。 ハマるのは、めっちゃはまってる!ってやっていて気づくこと。 何かやっていて気づくことである限り、何かをやっている必要がある。だから何かをやってみること、色々やることが大切 投資型思考へ どれだけ自分で選んだのか 時価総額のアップ 年収から時価総額を把握せよ
t-yoneyama t-yoneyama 星4つ 【常識とは、解釈でしかない】 実業家・堀江貴文氏が、旧来型のすべての教育は「洗脳」であるとし、自ら学び楽しく働く”本来の姿”を取り戻そう!と提起する一冊。21世紀の脱・学校論は、目がさめるほど刺激的。 <3つの実践ポイント> 【1】「やりたいこと」を目一杯書き出す 【2】自分の好きなことで、責任をもって生きていくと決める 【3】こうしなきゃと思ったときは、「本当に?」と考える
コミックレンタル
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist