メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
読書の腕前 (光文社新書)
Amazon価格: - 円 (2017年12月11日 22時11分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


norik23 norik23 星4つ 前半は面白い。本を読み気になる
agnes agnes 星3つ 半額セールまとめ買い
chiharun chiharun 星1つ あらかじめ用意された場所や装置がないと、時間がつぶせないというのでは、『楽しみ方が下手』と言われても仕方ないがないだろう。 読書の『特等席』を考えると素敵。 読書のアクセサリーとしてのメガネは、もっと重視されるべきだと思う。私の主人は、ブラックコーヒー。私はお気に入りのしおりかな? page43の寺山修司『青蛾館』の中の『人間測量』は何だか笑ってしまった。 私が読むにはまだ早かったかも。また改めても読もう。
sugosan sugosan 2016/02/05川越市立図書館に返却 2016/02/01読み終わる 2016/01/25読み始める 2016/01/22川越市立図書館から借りる
stephn stephn 書評家である作者の読書への考え方、古本への愛情、いかに読書好き人間が成長してきたか、等が語られるエッセイです。 とくに第1章の、「不便で」「時間を一瞬止めるメディア」で「孤独なんかこわくない」本への愛情は、本好きにはうなずける部分が多いかも。 何か一つの興味から芋づる式に読書の幅を広げていく作者の姿、共感できるなぁ。
yurinoki yurinoki 武蔵浦和図書館
kazupochi kazupochi 星3つ 2012年139冊目。満足度★★★☆☆
nakamasa40 nakamasa40 星3つ ◆内容(「BOOK」データベースより) 読書しない人生は、書~もない人生―“空気のように本を吸う男”の体験的読書論。
sparky sparky 星3つ 本を読むことの楽しさだけでなく、本を所有することの楽しさも訴える本。本との一定の距離感(20cm)と「教養とは自分一人でも時間をつぶせること」という下りが印象的。★印象的なフレーズはことごとく他人の褌だからといって著者と本書の価値が下がることにはならないということは読めばわかるはず。
tizuru tizuru 
spock0106 spock0106 星4つ 読書に関すること色々。
mzjubilee mzjubilee ウィッシュ アマゾンの書評で読みたくなったから。
key-wave key-wave 星4つ 本の本
sazanami-jp sazanami-jp http://business.nikkeibp.co.jp/article/life/20100727/215592/ から
kanoura kanoura 読書の腕前 (光文社新書)
tnkhstk tnkhstk 武蔵小山ブックオフ
skh1z228mb skh1z228mb 9784334033941
yakumosora yakumosora ウィッシュ https://www.library.city.suginami.tokyo.jp/TOSHOW/asp/WwShousai.aspx?FCode=1564161
nyankoteacher nyankoteacher 星3つ 飛ばし読みだが、共感できるところが多かった。書評家?としての岡崎は僕と世代的にも近く、新潮文庫や文春文庫の第三の新人世代作家に親しみを持つというところで共通。庄野潤三についてだけは、僕は今まで縁が無かったが、岡崎にとっては一番の作家だという点が気になる。
y-kikuchi y-kikuchi 星4つ 著者は読書との格闘をしてきているような印象を持った。読書案内は、私の趣向と違うので参考になる。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist