メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
秘島図鑑
Amazon価格: 1,728円 (2017年03月24日 19時06分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


osawa_t osawa_t 写真でみても、すごいな。
clapon clapon 星4つ 日本の中の、行きたくても行けない島ばかり紹介している本。ほとんど無人島だけど、中にはかつて人が住んでいた島もあった。富を求めて、鳥や資源を乱獲し、絶滅・枯渇に追い込んでしまった人間の所業や、島という隔絶された環境での暮らし、そして島自体のたたずまいなどに思いを馳せ、心は遠くまで旅をすることができた。図鑑というより、ほとんどエッセイみたいな文章だったが、じんわりと沁み入る。
nyankoteacher nyankoteacher 星4つ 160227 中央図書館 日本にありながら、通常人の行けない孤島をリストアップ。初めて名前を聞くしまが多数。そうか。。トカラ列島っていきにくいところにあるのだな。それに、恥ずかしいことに、現在、硫黄島は日本領ではないと思ってしまっていた。思い込みを正せて良かった。
hosen-hsl hosen-hsl 291
dabon dabon 星3つ ざっと斜め読みで終わった。宮古島にある大神島の下がえぐられて島(岩)など、見知ったものもいくつかあった。
mmiyamura mmiyamura 星4つ 普通には行けない島を紹介しています。 火山活動によって島民がいなくなった島、射爆撃場となって傷だらけの島、極めつけは本当はないけど地図に載っている島など31か所が紹介されています。 良いと思ったのは南硫黄島、孀婦岩です。
sazanami-jp sazanami-jp http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2015101800012.html
chokusuna chokusuna 一般人はほぼ行くことがかなわない秘島の紹介された本。頂上付近はいつも霧がかかっている南硫黄島。池澤夏樹「南鳥島特別航路」でも描かれる、日本でいちばん日の出の早い南鳥島。消失をふせぐ工事により、畳一枚分の面積が47億5千万円する沖ノ鳥島。10日間交代で宮司が1人で滞在する沖ノ島。臥蛇島が描かれる谷川雁『工作者宣言』「びろう樹の下の死時計」、南日本新聞社編「トカラ 海と人と」、「日本一長い村トカラ」などにもあたってみたい。西川勝「「一人」のうらにー尾崎放哉の島へ」も。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist