メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学
Amazon価格: 2,700円 (2017年10月19日 07時19分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


takeshimourib takeshimourib --目次 序 切断論 第1章 生成変化の原理 第2章 関係の外在性―ドゥルーズのヒューム主義 第3章 存在論的ファシズム 第4章 『ニーチェと哲学』における“結婚存在論”の脱構築 第5章 個体化の要請―『差異と反復』における分離の問題 第6章 表面、深層、尿道―『意味の論理学』における器官なき身体の位置 第7章 ルイス・ウルフソンの半端さ 第8章 形態と否認―『感覚の論理』から『マゾッホ紹介』へ 第9章 動物への生成変化 エピローグ―海辺の弁護士 --Amazon内容紹介 内容紹介 つながりすぎ、接続過剰の世界で「切断の哲学」を思考する衝撃...
bjt96660 bjt96660 ウィッシュ ドゥルーズ哲学の正しい解説? そんなことは退屈な優等生どもに任せておけ。 ドゥルーズ哲学を変奏し、自らもそれに従って変身しつつ、 「その場にいるままでも速くある」ための、これは素敵にワイルドな導きの書だ。 ----浅田彰 超越論的でも経験的でもなく、父でもなく母でもない「中途半端」な哲学。 本書は『存在論的、郵便的』の、15年後に産まれた存在論的継承者だ。 ----東浩紀
mkjoe mkjoe 星3つ 元々博士論文であった、ということで、とても専門的な内容だった。 書店で帯のキャッチコピーに惹かれて購入したが、哲学の知識が足りなかった。 もう少し初心者向けのものに触れてから、再チャレンジしたい。
kumagai kumagai 星3つ 読書の秋ってコトで。気にはなっていたが、とうとう買ってしまった。
ysasa ysasa 星4つ 
mxnishi mxnishi 図書館あり。
kjmtky kjmtky 星3つ ・紀伊國屋じんぶん大賞2013 大賞 ・キノベス!2014 5位 ・宮内悠介(WIRED大学):21世紀の教科書.身近でポップな「旬」の哲学書。
furu furu 
psypub psypub 千葉 雅也 (著)
iketani2412 iketani2412 私たちはデフォルト設定において狂っている。その上で、共に生活できるために、様々なしかたで関係の調整=理性化をする必要がある。しかし先行するのは、狂いの多様性なのである。 p47 けれども、際限なくめちゃくちゃになれというわけではない。重要なのは、ドゥルーズ&ガタリが「慎重さ」を求めていることである。健康化された分裂症という準-案て安定状態に住まうには、身体がどこかに持っていかれる感じをサーフィンしながら、深すぎる狂気、さらに死との際において、それでも生き延びなければならない。快活なスキゾ・キッズ...
sazanami-jp sazanami-jp http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2013120800003.html
jijikiki jijikiki  ◇繋がり過ぎる時代、あえて留まること  思想家を論じるには大きく二通りの方向がある。「○○は何を考えていたか」と「○○から何が考えられるか」。もちろんどちらかを選ぶということではなく、両者は分かち難く絡み合っているのだが。前者を「解説と分析」と呼ぶなら、後者は「応用と展開」ということになるだろう。たとえばフランスの哲学者ジル・ドゥルーズであれば、その著作をつぶさに読み込み、別の言葉に丁寧に置き換えてゆくのが前者であり、そこから思い切って離脱し跳躍し、しかしドゥルーズを越えようとするのではなく、い...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist