メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
アジャイルサムライ−達人開発者への道−
Amazon価格: 2,808円 (2017年11月19日 02時44分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


database database 星3つ ■3つの真実 ①プロジェクトの開始時点にすべての要求を集めることはできない。 ②集めたところで、要求はどれも必ずといっていいほど変わる。 ③やるべきことはいつだって、与えられた時間と資金よりも多い。 ■開発チームが大事にすべき6個 ①大きな問題は小さくする。 ②本当に大事なことに集中して、それ以外のことは忘れる。 ③ちゃんと動くソフトウェアを届ける。 ④フィードバックを求める。 ⑤必要とあらば進路を変える。 ⑥成果責任を果たす。 ■アジャイルチーム ・顧客:何を作るかを決める。(顧客の積極的な参加が、プロジェクトの...
futagawakou futagawakou ◆目次◆    日本の読者の皆さんへ    謝辞    お目にかかれて光栄です     本書の読み方     からかってるわけじゃあないんだよ     本書のオンラインリソース  第1部 「アジャイル」入門   第1章 ざっくりわかるアジャイル開発    1.1 価値ある成果を毎週届ける    1.2 アジャイルな計画づくりがうまくいく理由    1.3 「完了」とは完了のことだ    1.4 3つの真実      やり方がたった1つなんてことはないんだ!      用語と言葉づかいについて少し      次章予告 第2章 アジャイルチ...
2319chan 2319chan 星3つ アジャイル開発のお勉強。 ・ソフトウェア開発の3つの真実  1.プロジェクトの開始時点にすべての要求を集めることはできない  2.集めたところで、要求はどれも必ずといっていいほど変わる  3.やるべきことはいつだって、与えられた時間と資金よりも多い ・アジャイルプロジェクトの3つの特徴  1.役割分担がはっきりと分かれていない  2.分析、設計、実装、テストといった開発工程がどれも、途切れることなく続く連続的な取り組みになる 3.チームが一丸となって成果責任を果たす ・インセプションデッキの課題一覧  1.我わ...
restofwaterimp restofwaterimp 星5つ ■愛知県図書館で借りた アジャイルに関わらず、ソフトウェア開発を実施するにあたっての心得的なことが記載されている。 ・チームをどのように巻き込むか ・チームをどのように同じ方向へむけるか ・チームにどうやって現実に向き合ってもらうか ・開発したソフトウェアの最適な管理 開発しながらの指針がまとめられている。読んだからといって、できるわけではなく、やりながら学んでいくスタイルと思われる。 また、本書をベースとして、開発の進め方として、リファクタリング、テスト駆動、CIは開発者の素養そして備えておく必要...
gooska1002 gooska1002 ウィッシュ スクラムまとめ読み
kjmtky kjmtky 星5つ 7 ・第1回転職ドラフト(2016/6):影響を受けた本5位. ・Hiroki OHTSUKA(blog2011/08/01):アジャイル開発のすべてがザックリ凝縮された書籍です。思わず「こういうのが欲しかったんだ!」と声に出してしまう内容に仕上がっています。この業界の新人に必ず読ませたいバイブルです。 ・2012年に出たコンピュータ書ならこれを読め! 2位 ・2014年エンジニア本大賞・技術書部門ベスト10 ・諏訪光洋 ・高井直人(2015-03-31):新卒ソフトウェアエンジニアのための技術書100冊. ・南野充則(i:Engineer 2015年11月27日)
yastamia yastamia [20160521]電子書籍購入につき、本は不要と判断。 [201Ymmdd]効率的な開発手法を知りたい。開発の際に何を基準に物事を判断すべきか、どうやって根拠とするかを知りたい。
mamochin mamochin 星5つ 【一口感想】  「価値ある成果を毎週生み出し、改善のためのたゆまぬ努力を続けらているなら、あなたはアジャイルだ」 【行要約】  ・アジャイル(not スクラム)の根本的なマインドと具体的な手法について描かれている  ・アジャイルをプロジェクトへ導入するにあたり、方向付け/計画/運営/製造の順に解説  ・所々にある挿絵と各章の最後に出てくるマスター先生と弟子の対談は理解が深まる 【所感】 本書は、アジャイルを学ぶ者にとっては「バイブル」のような扱いだそうだが、まさにその通りだと思う。 というのも、他のアジャ...
kitdaijob kitdaijob アジャイルサムライ ・価値のないものを切り捨てる:計画書、報告書 ・FBにより期待をマネジメントする ・イテレーションの中で実装できるユーザストーリー数が開発速度の尺度。イテレーションは1、2週間。 ・動くソフトウェアが進捗の尺度。 ・要求は決まっていない、変わる、やりきれないほど多いものだ。 ・機能をまとめて工程でフェージングするのがウォーターフォール。工程をまとめて機能でフェージングするのがアジャイル。 ・渾然一体な役割、工程、成果担保。 ・権限から始めるのではなく、責任から始める。 ・その責任は個...
cherubino cherubino 星4つ アジャイルとはどんなコンセプトなのかは非常にわかりやすい。 発想としては面白いし、結果を出す上では効果的に聞こえる が、Deliverableをはっきり決めないで商用的な開発ができるものなのか実務的にかなり疑問にも思った。自社向けならいいのかもしれないが、客向けでは。。。
bjt96660 bjt96660 星5つ 原著:2010年。 第1部 「アジャイル」入門 第2部 アジャイルな方向づけ 第3部 アジャイルな計画づくり 第4部 アジャイルなプロジェクト運営 第5部 アジャイルなプログラミング 第6部 付録
kin333 kin333 星4つ 結構読みやすい訳でよかった。 時々、読み直して実践できているか見直そう。
muranaga muranaga アジャイル開発の原則、その実践を手際よく説明してくれる指南書。個人的には、長らくソフトウェア開発の現場を離れているので、アジャイル開発入門書として読んだ。 下記はこの本に書かれているアジャイル開発の項目。 ・アジャイル開発のプロジェクト管理では、時間・予算・品質は固定したものと扱い、スコープを柔軟に変える。(やるべきことが多くなった時は、計画を変える。) ・プロジェクトの出発点で決める(インセプション・デッキ): - われわれはなぜここにいるのか?エレベータピッチ、パッケージデザイン(フィーチ...
vanpla72 vanpla72 星5つ 現場がアジャイルであるか否かに関わらず、全ての技術者が理解しておいて損のない本です。 どうすればの部分は、そんなことが出来れば苦労はしないという感じですが、要は心の持ちよう。 ただし、サムライマスターのくだりはいらないかと。
dimeiza dimeiza 星5つ  実に良い本でした。さすがデブサミ大賞ノミネート作。  筆者は親しみやすく軽妙な語り口で、優れたソフトウェアプラクティスを話してくれます。一方、マスターセンセイという歴戦のアジャイルサムライが、アジャイル開発、そしてソフト開発において重要な思想と原則を、例を示しながら厳かに、力強く語ります。  エッセンスが濃く、かつシンプルにまとまっていて読みやすい。  電車の中で何度も頷きながら読んでいました。  アジャイルの原点はドグマティズムではなく、プラグマティズムに根ざしていることを改めて教えてくれ...
nettabo nettabo 紙の本も持っている
stilo stilo 星5つ プロジェクト管理の勉強をはじめました。会社の人に勧められて読みました。
tattyann tattyann 星5つ 何を考えどのような手法を使いどう進めるのかがまとまっている。
ceekz ceekz 実際は Ohmsha eStore のバージョン
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist