メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
アキラとあきら (徳間文庫)
Amazon価格: 1,080円 (2017年08月22日 10時43分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


goooooh goooooh 星5つ 二人の主人公を並べての池井戸的展開(銀行、経済、組織、親族)なのでとても読み応えあり。
mk-yagi mk-yagi 池井戸作品の産業中央銀行モノ。銀行融資を受ける立場と審査する立場を同じあきらという名前の二人の同期入行の目線で描く。作者お馴染みの物語で波乱万丈、展開もテンポよく安心して読める。
akinbo511 akinbo511 217/7TVドラマ化 品
hosen-hsl hosen-hsl 913.6
sdhs sdhs 913
bookwiz bookwiz 星4つ 最新作?いきなり「文庫版」から!? ある日突然、池井戸潤のファンになってしまった。 「下町ロケット」が直木賞を受賞したことは知っていた。でも、「どうせ、直木賞と言っても大したことないでしょ」と穿った見方をするようになっていた。 10年以上前は「直木賞」と「芥川賞」の受賞作品はすべて読んでいた。いつだったか、突然読んでも読んでも「これで受賞作?」と思うようになってからは一切読まなくなった。(自分の小説観が変わったのか?受賞作の傾向が変わったのか?) だから、1年くらい横目で見ながらも手に取ることが...
yajjj yajjj 池井戸作品。境遇の異なる二人のアキラの幼少期からバンカー、経営者となる数十年に渡る物語。理屈で動かない、動けない人、ひと、ヒト。ベタな池井戸節に流されて涙するのが心地よい。一気読みです。ありがとうございました。
ksakata ksakata アキラとあきら
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist