メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
女のいない男たち (文春文庫 む 5-14)
Amazon価格: 702円 (2017年03月25日 12時56分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


panda88 panda88 【目次】
communication_maker communication_maker 星4つ 北山さんから前日に頂き、風呂場の中で一気に読み終えた。 久しぶりに風呂の中で物語に浸った。熱い湯からぬるま湯になるまで、小説の雰囲気と妙に合っていて、心地良さと心地悪さから抜け出せないでいた。 「羊たちの冒険」を途中で読み止めてしまったので、「走ること〜」を除けば、村上春樹の本を、小説を始めて読んだことになる。まるで自分がそこで傍観しているような、語りの立場にいるような感覚を抱かされた。なかでも「ドライブ・マイ・カー」「イエスタデイ」「独立器官」の始めから連続した3作品が好きだった。 あぁこん...
yoko-san yoko-san 星3つ 著者久々の短編集。著者の本領は長編物語だと思っているが、短編は少し異なった趣。小説は、読者をその世界にいかに入り込ませるか、が一つのポイントだと思っているが、なおかつその”世界”を説明し切らないことも重要。好き嫌いのある著者ではあるが、自分は、そんなことを思いながら読了。
yoshikoo yoshikoo 星4つ 以前は、文庫になるまで待てなかった村上春樹の小説も最近は、文庫まで待てるようになったのは、作品に魅力がなくなったのではなく、開けば確実に自分を引き付ける物語がそこにはある‥という安心感を楽しめるようになったのだと思う。 「女のいない男たち」というよりも、女の去っていった男たち…だな。いくつかの短編ははっきり情景が浮かび、いくつかの短編は過去の作品とモチーフが同じような気がしたり、ただ物語を楽しんだり‥と、私にとって色んな要素を含んだ短編集だった。 さて、これから何回読み返すかな‥と思うと、それも楽...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist