メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
そして生活はつづく (文春文庫)
Amazon価格: 626円 (2017年10月19日 23時22分 時点)
星野 源
文藝春秋 (2013-01-04)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


itchi itchi 星5つ 同僚が好きだと言うので。こんなリズミカルな文章を書くんだね。面白かった。「キンタマ的」発言ができるか、は結構真面目な問題。「空気」に負けずに私はいられるだろうか。
aikeaguinea62 aikeaguinea62 少し下品で面白かった。なんだ、もしかして私と同類なんだ、と親近感が湧いた。サケロックの2枚目3枚目あたりの時期のライヴは、よく見に行ったが。今は大ブレークしてしまったので、なかなか見れないだろうなあ。去年のフジ見ておけばよかった。
muku_muku0125 muku_muku0125 星野源ってこんな人が普通の人に思えた。むしろだらしない(笑)。びっくりした。 でも、勇気付けられる。すくなくとも私は元気をもらった。
cauldron cauldron 星3つ P203【「なにげない日常の中に素晴らしいものがある」どや顔でそんなことを言う人が苦手です。「なにげない日常」の中には「なにげない日常」しかない。すばらしいものなんてない。その中から素晴らしさ、おもしろさを見いだすには、努力と根性がいります。黙ってても日常はおもしろくなってはくれない。見つめ直し、向き合って、物事を拡大し新しい解釈を加えて日常を改めて制作していかなきゃならない。毎日をおもしろくするのは自分自身だし、それをやるには必死にならなきゃ何の意味もない。】
pneuma pneuma 港区立図書館
como como 星5つ 軽めのエッセイ集。あっと言う間に読めた。 ダメな日常をそのまま受け止め、自己中で面倒くさがりな自分を認めているところが信仰的。
yoshitarou yoshitarou 星4つ まとまりのなさそうで、まとまりのある文章。そして駄目な生活を綴ったエッセイ。面白かった。
dimari1121 dimari1121 星5つ 星野源、文才あるなー。 電車の中で読んでて思わず笑ってしまったわw
chokusuna chokusuna 本の雑誌で見かけて手に取る。傍目にはどうでもよさそうなことに、ぐじぐじこだわって、あたま抱えて先にすすめず、みたいなのを、ユーモアにくるんで読ませてくれかんじがゆるくていい。箸探しはつづく、が一番共感かも。安いだけの箸を買えばしっくり来ず、高級すぎるものも何か違う。毎日使うものだけに、小さな違和感が気になり、失ったものの大きさに気づき、今日もまた探し続ける、みたいな。
mikanmark mikanmark 星3つ きたろうとの対談が面白かった
jawa jawa 星4つ 星野源のエッセイ 雑誌に連載してたものをまとめた形。 くだらない話が多いけど、面白い。 つまらない毎日の生活をおもしろがること。 なんともない日々の生活もこーゆうふうに切り取れば、面白く思えるのか、面白く思わせることができるのか。 あっという間に読めて、少しカフェとかで軽く飲みながら、読みたい本
sho_nawa sho_nawa 星4つ 「こじらせてる女子」発言なら星野源さんの本が読んでみたくてしょうがなかった。基本的に見た目通りの考え方で。にしても才能あるなーというのが1番の感想。
kengoyoshida kengoyoshida 星5つ 超くだらないけど才能の塊。いつかはこんな文章が書きたいと思う。もっとエッセイ書けばよいのに。
mon312 mon312 星野源
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist