メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
運命の人(二) (文春文庫)
Amazon価格: 669円 (2017年06月26日 16時03分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


hi4ka0ri1 hi4ka0ri1 いよいよ、裁判が始まり、難解な外務省の用語が飛び交う。今も機密文書を巡って同様なことがあるのだろうか、、、。この裁判では、何を裁くのか?三巻気になる。
izzz izzz 
nobinobita nobinobita 2013/2/25 全4巻 オークション売り 450円
tamekko tamekko 星5つ 勝手にドラマの配役に脳内変換されています。弓成記者は本木雅弘だし、奥さんは松たか子だし、三木昭子は真木よう子ですよ。警察の取り調べが進んでいきますが…。三木昭子、怖いなあ…。「あなたの可愛い子猫ちゃんになるわ」とか言うなー!(笑)
nwannabe nwannabe 原作では、愛人関係のことは、逮捕されてから明らかになっていた。
amedio4097 amedio4097 星4つ 逮捕から主に裁判のシーン。 三木との浮気の件を1巻では触れずに2巻で回想シーンとしてだしてきた。山崎豊子としては珍しい手法なのではないか。
ichinoshin ichinoshin 星3つ 裁判のくだりが読みづらく、ちょっと辛かったが、3巻からに期待。
yoshi198734 yoshi198734 星3つ 白い巨塔、華麗なる一族、二つの祖国に続き また裁判ネタか…。 「沖縄返還交渉」という扱うテーマはとても 興味深いのだけれど、裁判ばっかだとさすがに 飽きます。
garnet-star garnet-star 星4つ 山崎豊子長編小説。 沖縄返還時の密約に関する事件を克明に描いた作品。 逮捕されたのは明らかに悪意が感じられるし、裁判が下の話中心になるのも謎。 これが国の圧力と言うものなのか。
ind-hiroyuki ind-hiroyuki 星3つ 逮捕、そして裁判が始まります。国家権力とジャーナリズムの対決なんですが、そこに主人公弓成亮太の完全ではない人間性が絡んで、妻の苦悩、同じく被告である三木昭子の心変わり等、複雑な人間関係が描かれており、徐々に作者の力量が示されてきます。
sato-bon sato-bon 星4つ 強大な国家権力とジャーナリズムの全面戦争に沸騰する世論。その時「起訴状」という名の爆弾が炸裂した。「弓成亮太、逮捕する!」。ペンを折られ、苦悩する弓成。スキャンダル記事に心を乱す妻・由里子。弁護団の真摯な励ましが家族を支える。そしてついに、運命の初公判が訪れた―。毎日出版文化賞特別賞受賞の傑作全4巻。
toshi1108 toshi1108 2010.12.10 1刷 帯 全4册 沖縄返還密約 昭和46年春 外務省機密漏洩事件と報道の自由  モデル:西山太吉
nyankoteacher nyankoteacher 星5つ 山崎が超高名な作家でありながら、「ユーザ数」が伊坂や村上に比べて異様に少ないということは、Mediamarkerを使う人は、TVドラマ化された作品か、わざわざ自分たち世代向けにオピニオンリーダ?やマスコミが宣伝してくれる小説しか読まないということか・・。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist