メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
毒々生物の奇妙な進化
Amazon価格: 1,728円 (2017年10月20日 06時38分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


t_mae t_mae 星5つ 本のタイトルと表紙デザインからは少々グロテスクで砕けた内容を想像させるかもしれないが、非常に硬派のそれである。 生物が毒をもっている目的には二つある。獲物を仕留めること(出血性の毒が使われる)、そして敵に痛みを与えて近づくなと警告すること(神経性の毒が使われる)。 これらの毒の研究に寄って、最近難病の治療薬をつくる試みが成功しはじめている。生物毒の研究が、薬品開発の宝庫として薬品製造メーカーなどから注目を集めている。 本書では、毒を自分の体に入れることを繰り返して(例えばガラガラ蛇などに対しての)自...
pasobo pasobo 一見かわいいカモノハシ、いかにも怖そうな蜘蛛やクラゲ・サソリ  有毒動物満載のこの本には、びっくりです。 というより、それらの生物を研究している科学者たちの アプローチの仕方に驚きます。 面白かったけれど 途中まで読んで、中止。 猛毒種のDNAには、生命の歴史が詰まっていた! ◎本書に登場する愛おしくも恐ろしい奴ら◎ ・カモノハシ:カワイイ姿のその蹴爪に猛毒を隠す。   刺されると大量のモルヒネを投与しても全く効かないほどの激痛に襲われる。 ・サシハリアリ:アマゾンの部族では、大量のサシハリアリを入れ...
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist