メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
「南京事件」を調査せよ
Amazon価格: 1,620円 (2017年10月20日 13時58分 時点)
清水 潔
文藝春秋 (2016-08-25)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


yabuki yabuki ウィッシュ 2016/08/25 初観測
myoshi64 myoshi64 星5つ 20170225図書館 久しぶりに読んでよかったと思える本だった。日本人ができれば「自分はよく知らない」で済ませたいことを丹念に調べてくれている。制作されたテレビドキュメンタリーも見たくなった。
butapy butapy 星4つ 第六師団第六十六連隊に、捕虜殺害の戦闘詳報あるのか。
georgebest1969 georgebest1969 いや、非常に面白い本でした。感傷的な文体が多いですが、ぼくはこれを筆者の計算と戦略だと思います。そういう意味でも巧みな本です。南京の「虐殺」はあったと結論づけるべきなのですが、その結論に持っていく理路、反論への理論武装、データ、さらに旅順まで思いを馳せる展開も見事でした。ここまでゼロベースで書く日本のジャーナリストは珍しいと思います。
naokis naokis 2017.01.22 Facebook上で川口さんの投稿で知る。
sazanami-jp sazanami-jp http://book.asahi.com/reviews/column/2016091600002.html
toshi1108 toshi1108 発行日等  発行日:2016.8.25 1刷(初版)  体裁: 278頁 帯  著者まえがき&あとがき:1958生、日テレ報道記者・解説委員、なぜこの事件は強く否定され続け、闇へ封じ込まれ用とするのか・・・・・  テレビ番組:2015.10.4NNNドキュメント「南京事件 兵士たちの遺言」 目次・コメント 南京事件の徹底事実調査 「虐殺の有無」と「被害者人数論争」とは別物 一次資料の探索~兵士たちの『陣中日記』、『日記帳』 ※小野賢二『南京大虐殺を記録した皇軍兵士たち』
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist