メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう―池上彰教授の東工大講義 世界篇
Amazon価格: 1,620円 (2017年10月19日 23時23分 時点)
池上 彰
文藝春秋 (2012-11-01)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


katotake katotake 星5つ 正しいことを自分で見つける。物事を批判的に受け止めることが大切。 固定観念に汚染されないように、自分の目で見て、自分の頭で判断する。 アメリカの大統領戦は政策だけでなく、宗教も絡んでいるとのこと。そういう視点で見なければならない。 宗教に鈍感では世界を見られないことがよく分かる。 中国の国の成り立ち等も興味深く、読み進められた。 社会は絶え間なく動いているので、時に立ち止まり、まとめて考えることが大切だ。
hory hory 星5つ 日本周辺の諸問題を基本的な部分だけわかりやすく説明してくれている本。今、この事実を知ったあなたはどう考える? 日本の近い将来が明るいのかはまだわかりません。それは自分たち、特に若い世代次第なのだけど、それを理解している人が少な過ぎる。世の中を捉えるための基本的なインデックス代わりにまずはこの本を読んでみて。興味を持ったことについて深掘りしていって欲しい。--そんなメッセージが込められているように感じた。
sinn356f sinn356f ウィッシュ 大丈夫、ニッポンには池上彰教授がいる! 『この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義』/『東京プリズン』 ザ・絶賛エディターズ >>バックナンバー2013年2月6日(水) 【私が編集した本読んで下さい!】 『この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義』担当:文藝春秋ノンフィクション局 渡辺彰子 『この社会で戦う君に「知の世界地図」をあげよう 池上彰教授の東工大講義』担当:文藝春秋ノンフィクション局 渡辺彰子  いやあ、おもしろかったですね、昨年12月の「...
mhaya3 mhaya3 子供に読ませたい
wanda wanda ウィッシュ 池上さんの東工大での講義をまとめたもの。「世界編」と書いてあるけど、日本のことも結構書かれている。 難易度3
masakiss masakiss 星4つ 日本の企業で育った技術者がサムスンに行くことの是非を東工大での担当講義で学生に問う話が印象的。 個人が責められるべき性格の話ではなく、国や企業がそれを避けたいなら、そうしない選択が個人のプラスになるようにしなければいけない。
t-yukari t-yukari 星5つ 簡単過ぎず、かといって敷居が高い訳でもなぃ。 人に知識を分け与える、ある意味で教職に就いている方々にも読んでもらいたい本だと思った。 1・実は原爆を開発していた日本 2・世界地図から見える領土の本音 3・日本国憲法は改正すべきか? 4・紙切れを『お金』に変える力とは 5・悪い会社優れた経営者の見分け方 6・経済学は人を幸せにできるか 7・リーマンショックとは何だったのか? 8・君は年金に入るべきか 9・視聴者が変える21世紀のテレビ 10・オウム心理教に理系大学生がはまったわけ 11・『アラブの春』は本...
garnet-star garnet-star 星5つ こーゆー講義を学生時代に受けたかった!
toyo51 toyo51 星4つ いつでも核兵器を製造できる能力 使用済み核燃料を再処理して、プルトニウムを取り出し、再び核燃料として使う「核燃料サイクル」を推進 2兆円を投入しているが、青森県六ケ所村に建設中の再処理工場は、トラブル続き 再処理に費用がかかりすぎるから、断念すべきではとの声もあるが、歴代政府は推進 プルトニウムを独自に生産できれば、いつでも核兵器を製造する能力を保持できる 領土 中国の地図では、北方領土は日本 = 敵(ソ連)の敵(米国+日本)は味方 自分の目でみて、自分で判断する 貨幣は、額面価格の20倍までを...
you1oyaji you1oyaji 星5つ テレビでのわかりやすいニュース解説でおなじみの池上彰さんが、東工大で行った講義をまとめた一冊。内容は領土問題や憲法問題、経済、宗教、メディア、国際など多岐にわたります。さすが池上さん、ほんとうにわかりやすい説明で、現代社会で起きている様々な問題をすっきりと理解することができます。東工大の学生は幸せですね。学生時代にこんな講義があったら受けてみたかったです。
hiroshi128 hiroshi128 星4つ さすがにとても分かりやすい。 もう少し踏み込んだ内容まで入っていって欲しかったが入門的な位置づけだからそれは仕方ないのだろう。
>
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist