メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
数学的にありえない〈上〉
Amazon価格: 2,263円 (2017年11月23日 03時34分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


philopon_k philopon_k とりあえず登録のみ実施。 コメントは別途編集予定。
tizuru tizuru 933 /フ
fevnir fevnir 星3つ タイトルのつけ方が秀逸。だけど、名前負けしていなくてスピード感のある展開でぐいぐい引き込まれる。続きが楽しみ。
mikamika mikamika 星4つ “数学的にありえない”というよりは“確率的にありえない”。 原題は「IMPROBABLE」 癲癇もちのデイヴィッド・ケインは、癲癇の新しい治療法を行ったことによって新たな能力を持つようになった。 サイエンスミステリーだけれど、ドンパチもたくさんあり、映像化したら面白そう。
kin333 kin333 星3つ 古本屋で150円で購入。
yyouzi yyouzi 星5つ すべてが出来事が因果している素粒子とは?
chan chan 星3つ 登場人物が3人以上出てくるとよく分からなくなってしまうものの、後半になってやっと景色が浮かぶようになった。 どきどきとかしないけど、まぁ面白い。 統計学の話とかは、もっと出てきてもいいかな。
simazake simazake 星2つ 出版時に評判になったそうな。 一言でいうと、ダビンチコード。 ただダビンチコードよりは、ハードボイルド。 人も良く死ぬ。 出だしに、 「隕石が落ちる可能性と宝くじに当る可能性は、宝くじが当る方が難しいのに、当選者がいる」 というような事が書かれていて、あぁ、地球にいつ隕石が落ちてもおかしくないなぁと思って、ちょっと興奮。 確立と統計という切り口は勉強になるけど、そんなに面白くはなかった。
pukuman pukuman 星4つ 数学的に正しいのかよく分からないが、物語としてとても面白い。下巻にも期待
oyayabanbi oyayabanbi 世界スリラー作家クラブ新人賞 アイザック・アシモフから影響 技巧派サスペンス 物語がどこに着地するのか最後までわからない。量子力学、統計学、確率論などの専門知識 主人公は癲癇の実験薬の副作用である特殊な能力を身につける 全く接点をもたない人物。パズルの断片が徐々にあるべき位置におさまる。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist