メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
日の名残り (ハヤカワepi文庫)
Amazon価格: 821円 (2017年12月12日 09時58分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


hagiwara hagiwara ウィッシュ イギリス文学らしい、読書を楽しむ本
ryotako ryotako 星3つ 読了!英国執事小説.訳文の語り口がたまらない.
hosen-hsl hosen-hsl 933.7
tattyann tattyann 星4つ 主人公の行動にいらつきを感じてしまったのは、その行動を反省し過去どうすればよかったという思いがそこに表れていたからだろう。旅をして仕事から離れ、過去を振り返る中で自分が何を成し遂げようとしたのか、何を失敗したのかを理解していき、最後にそれをはっきり自覚する、という流れだったのだろうか。ということを読んでしばらくしてから思った。 読んでいる最中と読後に反芻したときの思いが全く違う作品だった。読後に残るさみしさは何なのだろうか。
kazua kazua BookLiveで25%引きクーポンとTポイント1ポイントを使用して461円で購入 ノーベル文学賞受賞
akitake akitake  ようやく、京都駅の書店で入手。
tizuru tizuru 
rickdias rickdias 星5つ こんな本との出会いに16年もかかった。
stephn stephn ブッカー賞 訳:土屋政雄、解説:丸谷才一、原書名:THE REMAINS OF THE DAY(Ishiguro,Kazuo)
ohba_kanari ohba_kanari 星5つ 「卿は勇気のある方でした。人生で一つの道を選ばれました。それは過てる道でございましたが、しかし、卿はそれをご自分の意志でお選びになったのです。(略)私は選ばずに、信じたのです。私は卿の賢明な判断を信じました。卿にお仕えした何十年という間、私は自分が価値あることをしていると信じていただけなのです。自分の意志で過ちをおかしたとさえ言えません。そんな私のどこに品格などがございましょうか?」 「人生、楽しまなくっちゃ。夕方が一日でいちばんいい時間なんだ。脚を伸ばして、のんびりするのさ。夕方がいちばんい...
bigwave18 bigwave18 一日でも人生でも夕方が一番いい。 なるほど。
jazz22000 jazz22000 3/300
bluesmantaka bluesmantaka ブックオフで送料かせぎに買ってみたんだけどこれが抜群に面白く、北京からの帰りに一気に読んでしまった。1989年の作品だから村上春樹がブレイクした頃なはずだけど今まで手にしてこなかった。でもこれは良くできた作品だ。くすっと笑えるし。読みながら古いSF作品を思い出した。ロボットが主人公で、次第に人間的な感性を得ていくようなそんな作品だけど名前は思い出せない。映画アンドリューNDR114がいちばん近いかも。執事ってロボット的だからかな。いやもともとロボットという概念自体が執事をイメージして生み出されたものなの...
kjmtky kjmtky 星4つ 前半の自信満々の執事の様子が、徐々に変わってきて、最後にガラリと変わるのがすばらしい。自分が信じていたものが揺らいでくる、それに徐々に気付く内面がまさに文学。すばらしい。 --- ・石塚邦雄(日本経済新聞20161204):リーダーの本棚. ・1989年ブッカー賞 ・ジェフ・ベゾス ・大野和士(日本経済新聞2015/4/5):「リーダーの本棚」
yajjj yajjj 英国名家の高名な人々に仕える執事としての品格とは何か?を価値観として生きてきた主人公。が主人が変わり世の中が変わってきたタイミングで数日の旅に出た際、自分の人生を振り返り自己評価と価値観がグラつき少しずつ変わろうと踏み出す。冒頭からラストまで映画を観ているような気分で一気読み。この本もまた頂きものです。出会えたことに感謝。
dr_iori dr_iori 星4つ 日本語で読んだので、正しい評価ではないかも知れないが、ある種の韜晦を意図した文章なのか、それとも訳者の選択した語彙がそうなったのかが判断しにくかった。原書に目を通したい。
toko76 toko76 
minami1990h2 minami1990h2 Sさんに貸していただいた本。 イギリス文学は新鮮。 日本人が日本人色を消して書いた本だという。 英国の執事や貴族文化について知れる面白い本。 特にくすっと笑えるのが主人公が前の主人が大好きすぎて、恋愛にも気づかないほど仕事にのめり込んでいるということ。「品格」にものすごくこだわる。 いつでも職業人の皮を脱がないことが彼のモットーとすることらしい。 なるほど。私は確かに職業人は私情を挟んではいけないのかもしれないが、人生の多面的要素が仕事の考え方に反映されると思うので、プライベートをユーモアや共感に変...
gamecchi gamecchi 星4つ 
koyama1026 koyama1026 15.7.18 白熱教室に出演 他の出版社からも出ている
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist