メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫 SF 262)
Amazon価格: - 円 (2017年11月23日 03時33分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


unclek62 unclek62 法螺話で泣く。 かなり影響受けた。
mtori mtori 我が心のゲームである「MOTHER2」に影響を与えた本ということで、いつか読んでみたいと思ってました。私は感覚的にしか本を読むことができないので、具体的に言葉で説明することはできませんが、確かにMOTHE2的なもの、あの作品をやってああと胸を打たれた、あれこれに通じる感動がそこにはありました。ミクロとマクロの両方から贈られる勇気とでも言いましょうか。「おれはなにもわるいことをしないで、いいことのできる場所を見つけた」人間が根っこのところで真に望んでいるのは、ほんとはそういうことではないのか。全体としてそう...
wadashingo wadashingo 星4つ 途中で何度か、読むのをやめようかと思った。 裏表紙には「人類の究極の運命に果敢に挑戦した傑作!」と紹介されているが、それは ウソだろう?と。。設定がご都合主義的?ナンセンス小説の類? が、、、。 最後の部分「エピローグ」を読んで、まったく印象が変わってしまった。 過酷な運命を受け入れた生涯の最後に到達した心境として、2つの言葉がある。 「誰にとっても一番不幸なことがあるとしたら、それは誰にも何事にも利用されないことである。」 「俺達は長い間掛かってやっときづいたんだよ。人生の目的は、どこの誰がそ...
nan_tan nan_tan 星3つ ロックな小説だよと言って友人が貸してくれた。 ロックだったよ。 古めかしい日本語訳がたくさんあったよ。 滑稽な物語を読むと笑ってしまえばいいのに いつでも僕はちょっぴり悲しい気持ちになるよ。 いい読書タイムだった、ありがとう、新しい友人。
getako444 getako444 星3つ 無情で間抜けな運命に翻弄される。誰かに利用され、価値がなくなったら捨てられる。他の誰かに誘導されているのかもしれない。反面、誰もが「天にいるだれかさんはおれが気にいってるんじゃないか」と思いながら生きていける。それが、人生である。
tabo51rosh-mdmrk tabo51rosh-mdmrk 爆笑問題太田が好きな本 これは旧版
kinzo777 kinzo777 9784150102623
nochi nochi 星5つ 何だ、この世界観は! 価値観も不条理さも存在意義も、すべてが無になる感覚。 圧巻である。
tacky tacky 
8787 8787 twitterまとめ。 記憶喪失症=アムネジア もし、その手紙が、人生てはなにかについてほんのわずかな光でもあてているようでしたら、ご面倒でもわたしの家に電話していただけないでしょうか 水星は水晶の杯のように歌っている。 タイタン。卑屈っつーか、滑稽? アイロニー? 風刺的? 皮肉? なんていったらいいかはさっぱりわかんないけど、とりあえずまじに面白い。もーすぐ読み終わる。読みきったる! サロorz すべてはたいそう悲しかった。しかし、すべてはたいそう美しかった。
tnkhstk tnkhstk 南さんおすすめ
igaiga igaiga 古書購入
takeshimourib takeshimourib ヴォネガットのよさが分からない
dabon dabon 星1つ 無駄に長いと思われる表現が退屈であった。 話の展開も最後も退屈で、私には合わない部類のものだろう。 唯一印象に残ったところは、誰もがわざとハンディを背負って暮らす世界の地球のこと。 「なにが彼らをそんなに幸福にしたかというと、もう他人の弱点につけ込む人間がだれもいなくなったからである。」
zhi-mei zhi-mei 乗越たかおのお薦め作家。 爆笑問題・太田光絶賛本。
kentak kentak 星2つ  スーパー・ヒーローがタイタンに住む妖女に惚れてしまい、好きなように利用された挙げ句に捨てられるが、そこに自由意志を見いだす話だと思ってた。案の定、全然違う。  『タイタンの妖女』は独創的な設定を持つ物語ではなかったし、それどころかSFというよりもファンタジィに分類されてもおかしくないような舞台だった。こういったことを鑑みるに、ぼくが『サロメ』や『ファウスト』といった戯曲の好ましさを理解できないところと、この作品を理解できないところに類似点は存在するのかもしれない。  荒唐無稽でSFのリアリズムを...
hermonium hermonium 星5つ 
ichi-ka ichi-ka 星3つ 爆笑問題の太田さんが大絶賛した本。 なかなか文章に馴染めなかった。
ogajud ogajud 
mindrefugee mindrefugee 星5つ 荒唐無稽な物語。でもそこにあふれる作家の愛。ってかくと身も蓋もないな。 人間の生きる目的について。読むと多分拍子抜けするだろう。自分探し?悪いことは言わない。そんなバカなことはやめなさい。少なくともこの本を読んでからやっても十分間に合う。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist