メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
標高8000メートルを生き抜く 登山の哲学 (NHK出版新書 407)
Amazon価格: 799円 (2017年06月23日 21時15分 時点)
竹内 洋岳
NHK出版 (2013-05-08)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


masakomary masakomary 星4つ ものすごい人というイメージだったが、体力的にはそんなでもないということに驚いた。 イメージ力がすばらしい。
gonta19 gonta19 星5つ 2013/5/9 Amazonより届く。 2013/8/8〜8/12 日本人初の8000m超の14座を登った竹内さんの高地登山に対する考え方が綴られたエッセイ。単なる山好きが、プロ登山家を自称するまでの経緯が、丁寧に説明されている。下山するまでが登山である、とはよく言われることだが、活きた例として、まだまだヒヨッコ登山者である私にも大変参考になる。でも、書かれていたように、山に登る意味合いは人それぞれで良いんだろうな。山が好きであれば良いんだ。
miyapy miyapy 星3つ 14座達成の竹内さんの書籍です。 竹内さんの書籍は、分厚い緑の表紙の「初代竹内洋岳に聞く 」を 読んでいたので、今回のは大方かじった内容でした。 竹内さんの、語り口調で、色々と考えさせれる内容が 随所にあります。
y-shinbo y-shinbo 星5つ おもしろい。日本人初の14サミッターで話題になった人。高所登山のイメージが少し変わった。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist