メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)
Amazon価格: 972円 (2017年09月26日 23時45分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


aikeaguinea62 aikeaguinea62 人名を覚えるの大変。昔の人の名前は、氏によって同じ漢字を使ったり、漢字の順番が逆になるだけで違う人だったりするので。ファミリーツリーは、巻末にまとめてほしかった。
kjmtky kjmtky ・新書大賞2017 5位 ・R-40本屋さん大賞(週刊文春2017/8) ・山本公一(日本経済新聞2017/7/1):リーダーの本棚. ・今谷明(日本経済新聞20161127)
marinnotousan marinnotousan 2017.3.25 15版
e72509 e72509 興福寺、尋尊(じんそん)と経覚(きょうかく) 細川勝元、畠山政長、斯波義敏、足利義視)東軍VS山名宗全、畠山義就、斯波義廉、足利義尚 西軍
takimasa takimasa 星5つ 真偽のほどは定かでないが、京都では前の戦争と言えば応仁の乱を指すらしい。1467年という年号と細川勝元と山名宗全の争いぐらいは記憶しているがそれ以外は知らなかった。またこれまでの定説では足利義政が弟の義視を後継者にと思っていたが義政の妻日野富子が義尚を産んだことでこちらを後継者にしようと画策したと考えられている。しかし筆者は義視の妻は富子の妹であり両者の関係が悪くなかったことからこの定説を否定する。筆者は応仁の乱の原因は、伊勢・山名・細川という三つの勢力のせめぎ合いとこれに対して意見をころこ...
stephn stephn 第1章 畿内の火薬庫、大和 第2章 応仁の乱への道 第3章 大乱勃発 第4章 応仁の乱と興福寺 第5章 衆徒・国民の苦闘 第6章 大乱終結 第7章 乱後の室町幕府 終章 応仁の乱が残したもの
toshi1108 toshi1108 発行日等  発行日:2016.10.25 1刷(初版)  体裁: 302頁 帯  著者:1980生 東大院 国際日本文化研究センター助教(日本中世史)  あとがき:  解説: 目次・コメント 応仁の乱1467~1477 乱の原因も結果も曖昧不明な日本史上屈指の不毛な大乱、 しかしその結果<京都文化>が全国に伝播・・・ 戦乱が破壊したものと、”長く”続いた戦乱が日本社会に新たに生み出したもの 戦後マルクス主義歴史学への疑問
dongolos17 dongolos17 星4つ みんなしたたかやなぁ。
syamagu1966 syamagu1966 「室町後期、京都を戦場に繰り広げられた内乱は、なぜあれほど長期化したのか。 気鋭の研究者が戦国乱世の扉を開いた大事件を読み解く。」
yoko-san yoko-san 星3つ 話題になっていた本をようやく読了。教科書ではさらっと教わった記憶があるが実はよく分かっていない室町後期の戦乱を、奈良興福寺の別当などの日記を用いながら解説。結局、将軍がしっかりせずに権力が低下し、独立的な動きをする地方大名を、管領など既存権威も抑えられない、という構図。現在の世界の構図を応仁の乱になぞらえる向きもあるが、それもなるほど。
tara1956 tara1956 2017/3/2号 週刊文春 書評
jehok jehok 2017/3/8 22:43
butapy butapy 星3つ 宇陀の秋山、沢氏が応仁の乱の前振りだったのか…
kinopon38 kinopon38 星4つ 応仁の乱が第1次世界大戦のミニチュア版であるという指摘は的を得ている。細川山名両氏とも短期決戦を志向していたにも関わらず、ずるずると引き伸ばされ、勝者の細川も戦後処理の渦中で分裂を起こしてしまう。新しい時代の幕開けであった。
umi_ umi_ 星5つ 名前だけは知ってても、で、何がどうなったのか全くわからないまま放置してた応仁の乱。新書一冊なのでこれでわかりやす… ダメだ。ややこしいというのはよくわかったが、きちんとノートをとりながら読み直します。(特に、冒頭で興福寺云々から始まって面食らった。勿論、その先を読み続けてなぜ興福寺から始めなければならないのかわかりましたが)
ysasa ysasa 
zonoburi3 zonoburi3 なにやら巷でものすごい人気らしいのだけど。 のっけからものすごい数の人が出てきて、しかも固有名詞が読めない人 ばっかりなので、読み進むのは結構大変。さらに、読んでもよく分からない。 誰がどんな目的で乱を起こしたのか、はっきりしたことはなにも分からない。 というのが特徴なのかもしれない。 後の世に豪傑たちがたくさん出てきてこの国を一つにしていくのだけど、 そういう強い人たちがいない世界がこんな感じなのかもしれないと思う。 応仁の乱以後でどう時代が変わったかはよくわかり、その後の戦国時代の 幕開けをいか...
rainyshu rainyshu ウィッシュ  
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist