メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
Amazon価格: 799円 (2017年01月22日 08時39分 時点)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


sugosan sugosan 2016/11/07読み終わる:これまで何度か読んだけど、単純に読み物として面白くなってきた。 2016/10/25読み始める
afleeter afleeter 星4つ ・情報過多の現代においては、分類してから整理することは難しいので、時系列で整理するのがベター。 ・分類してからの整理は、分類自体に難が生じる。
toyo toyo B 126号旭店 新書判
honnama1987-3 honnama1987-3 4121011597
kjmtky kjmtky ・小飼弾「黄金のブックガイド」 ・石野幽玄(2015/06/01):かしこくなりたい人のための、新書案内.
iwao_y iwao_y 星5つ 私のパラダイムを変えた本。 著者の理解しやすい文書にも感銘を受けた。
ohhhsato ohhhsato 星3つ 机周りを効率的な空間に。 内容 アマゾン 情報洪水のなかで書類や資料を保存し検索するには、従来の整理法では対処できない。本書は、「整理は分類」という伝統的な考えを覆し、「時間軸検索」という新しい発想から画期的な整理法を提案する。机の上は魔法のように片付き、「整理する時間がないほど忙しい」人に対する福音となるはずだ。さらに、パソコンを用いた情報管理体系、アイディア生産を支援するシステムなど、知的活動の生産性を高める新しい方法論を提案する。 序章 あなたの整理法はまちがっている 第1章 紙と戦う...
yokoyokoyoko yokoyokoyoko 星3つ 時間別に並べることの重要性。 パソコンの利点についても述べている。 秘書がいるときと、いないとき、最良のシステムは違う。 かかる手間暇を天秤にかける。
choiyaki choiyaki 星4つ 「コウモリ問題」や「家なき子の発生」など、整理についての問題点と、それらに対して、どんな整理法が何に強いか、弱いかが述べられてて、整理を考える上でこの部分はすごく役立つやろなぁ、と感じた。 整理する上で、出てくる諸問題を把握するのは大事なこと。その点で、すごく参考になった。
tkaneko tkaneko 108
nishio_tsutomu nishio_tsutomu 星4つ 超整理法に出会って心もスッキリ!
thunderbolt thunderbolt 星4つ 整理法という言葉に出会ったのは本書でした。 大学に入ってすぐ、書店で平積みになっている本書に夢中になったことを覚えています。 整理の仕方は漫然としていることが多く、それまでの自分の片づけ整理は、見た目重視で、捨てるという 概念がなかったともいえる。 整理における、全体の最適化、できるようで非常に難しく、この本に出会い、10年以上がたつが、まだ 試行錯誤で自分なりの変更方法などを考えている・・ パソコンの普及初期のころの本書とあってアナログが中心であるが故の、単純さがあって非常に わかりやすい。 時...
dai8star dai8star 130520
mineyuki mineyuki 星5つ 奥野宣之さん著の『情報は1冊のノートに~』が好きで実践してみてるのですが、この本に影響をうけてるのかな?! 書類の規格についてや、パソコン嫌いの克服方法の話など、本題以外でも面白い話・言い回しがあります。 凝りだすとその仕組み作りに夢中になっちゃいますが、目的はアイディアやそれを考える時間を作るためであることを忘れないようにしよう。
teruteru teruteru  有益な一冊。整理法について、説得力のある意見を述べている。紙媒体の資料も電子媒体の資料も、本書の勧めに従って、時間順に並べる方式の整理を試してみよう。
chibay chibay ●130116 PDF化
shisha shisha 知的生産などの本で、日本人の場合、引用されやすい5冊。 これを読んでおくと読書スピードが速くなる。自己啓発書編。ついでに知的生産編:[俺100] http://blog.zikokeihatu.com/archives/001246.html ついでに、知的生産や発想、整理関連(今の言葉で言うとLifeHackかな?)だと ・『知的生活の方法』渡部 昇一 (著) ・『知的生産の技術』梅棹 忠夫 (著) ・『考える技術・書く技術』板坂 元 (著) ・『発想法―創造性開発のために』 川喜田 二郎 (著) ・『「超」整理法―情報検索と発想の新システム』野口 悠紀雄 (著) この5...
kenwatan kenwatan 星5つ 大分前の本ですが参考になるのは多かったです。押し出しファイリングとポケットひとつの原則はなるほどと思いました。
miustrings miustrings ウィッシュ 
toriumi toriumi 「超」整理法―情報検索と発想の新システム
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist