メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
騎士団長殺し :第1部 顕れるイデア編
Amazon価格: 1,944円 (2017年03月28日 17時07分 時点)
村上 春樹
新潮社 (2017-02-24)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


andoyuki andoyuki 2017年6冊目
tomtps tomtps 【ポイント10倍!】 騎士団長殺し 第1部 第2部 セット 村上春樹 2月24日発売 【ポイント10倍!】 騎士団長殺し 第1部 第2部 セット 村上春樹 2月24日発売 レビューを投稿する 3,888円 1 380ポイント (10倍) 3,888円 商品の合計金額(税込) 3,888円 送料 0円 手数料 0円 合計(税込) 3,888円 今回のお買い物で獲得できるTポイント950ポイント 実質(3888-950)/2=1469
hosen-hsl hosen-hsl 913.6
cherubino cherubino 星4つ 1部、2部とも読了。 たまたまこれだけ手にとって読んだ小説として見れば悪くはないけど、これだけ大騒ぎして期待感をあおられて読むと、正直期待はずれ。村上春樹の主だった作品を全部読んでる身としては、なんか過去の焼き直し感が半端ない。いかにも村上春樹っぽい主人公、過去にどこかで見たような設定・・・ オペラ好きとしては騎士団長というタイトルからしてドン・ジョバンニがモチーフなのかと思いきやたいした役割を当てられてなかったのもちょっと残念。
georgebest1969 georgebest1969 読んでない人はほっといてください。以下、ネタバレあります。 もちろん、ワクワクして読みました。ただ、最初は「???」なところもありました。これまで段階的に発展させてきた村上文学の文体を「ねじまき鳥」に急に戻しているきらいがあったからです。村上マニアがパロディ本を作っている雰囲気すらありました。おそらく多くの「学者」が本書と「クロニクル」あるいはその他の短編との相似点をテーブルにして列挙するでしょう。そのくらい、本書は過去の村上本のオマージュ的な描写が目立ちます。しかし、、、(以下続く)
toshi1108 toshi1108 発行日等  発行日:2017.2.25 1刷(初版)  体裁: 507頁 帯 全2冊  著訳者:  あとがき:  解説: 目次・コメント 書き下ろし
kotomi0128 kotomi0128 発売日当日に大手町の本屋で買った。 三菱一号美術館でナビ派の展覧会を観た後で、仕事関係者と焼肉に行く前だった。 村上春樹の長編はすべて読んできていて、いくつも共通するモチーフがあるのが面白い。 いろいろな作品とリンクして重層なのが読んでいてたのしい。 見た目が平凡な主人公 常識があってテキパキとルーチン作業をこなす主人公 なにかの媒介人として事件に巻き込まれる主人公 ハンサムで社会的にも成功している年上男性に気に入られる主人公 人妻と関係をもつ主人公 女の気まぐれとワガママに取り乱さない主人公 パス...
chieqoomew chieqoomew 法的な描写に不正確なところが散見される。
hironob hironob まだわからない
azai76 azai76 星3つ これまでに読んできた作品を思い浮かべながら読んでしまっている。この場面は『ねじまき鳥クロニクル』のあそこだなとか、この人は『海辺のカフカの』のあれに似ているとか…。個人的には物語の流れに集中するのがいいと思っているので、あまりいい読み方ではないと思っているんだけど不思議とアレヤコレヤと思い浮かべてしまう。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist