メディアマーカー
  ホーム   物々交換   アイデア   ランキング   ベストバイ  
ローマ人の物語 (2) ハンニバル戦記
Amazon価格: 3,024円 (2017年09月22日 22時30分 時点)
塩野 七生
新潮社 (1993-08-01)
レビュー レビュー検索 クリックするとレビュー数を取得します。
  Clip to Evernote  はてなブックマークに追加  


tsato tsato 星3つ ローマvsカルタゴ。第1次から第3次までのポエニ戦争。ハンニバルとスピキオを含んだローマ諸将の戦役もよいが、国内を戦場にされて十数年間ファビアン戦略をやり切った内政能力というか統治能力が素晴らしすぎる。普通だったら瓦解する。 戦役の中身はおいておいて、第2次のハンニバルとの対決がほとんどで、第3次が20ページくらいしか分量割かないってどういうこと。もっと書こうぜ。
masakobucha masakobucha 不屈の英雄ハンニバル・バルカは如何にしてローマ軍団を破り、世界帝国へと突き進む奢ったローマ人の心胆を寒からしめたのか?自らのおごりに気付いたローマ人は如何にして窮地に対処したか?
tamekko tamekko 星5つ  世界史の教科書じゃちょっとしか記述ないけど、ハンニバルがイタリア国内で戦ってた時期の長いことよ…すげえ。そして、スキピオも、かっけー。ポエニ戦役の長さは、国内に敵を迎えたことがない僕ら日本人的には理解できないよね…  ハンニバルはローマまで迫ってきたわけで、イタリアで悪い子を叱る時に「ハンニバルが来るぞ」という脅しになっている、というのがすごい。民族に染み付いているのね。  ハンニバルが強かったのは、騎兵の使い方が機動的だったから。これ、司馬遼太郎『坂の上の雲』でも、秋山好古の騎兵隊の話のとこ...
chokusuna chokusuna ハンニバルのアルプス越えからカルタゴ滅亡まで読了。戦史の詳細な描写は、和書では類書を見ないと思う。思い入れたっぷりなところも。シリア王の使節へのスキピオ・アフリカヌスの言葉が印象に残った。すべて神の思し召しの成すところゆえ、我ら、高慢や絶望と無縁なり、といった旨か。
sunjin_fuurai sunjin_fuurai ・再読 ・資産階級別軍役制度(紀元前6世紀&241BCの改革後の比較表)79⇒「ローマ社会の中産階級化」云々; Polybius, Histories(Plb. 6.19;On the Roman Army) ・ハンニバルとスピキオの会見の場面、殊に二回目の会見が面白い。 ・覇権の交代
e72509 e72509 ハンニバルとスキピオという二大戦略家、さらにローマの英雄達はすごい。 こんな人たちがいることを知らなかった。まさに不屈。1巻よりおもしろかった。
kylie891 kylie891 星3つ ローマ対カルタゴ。あるいはハンニバル対スキピオが対決したポエニ戦争を追った一冊。 とにかく、この巻は全編通して戦いの連続。ハンニバルとスキピオ、希代の天才同士の対決が面白い。 さらに“イタリアの盾”ことファビウス、ヌミディア王マシニッサなど、ハンニバル、スキピオ以外にもポエニ戦争を彩る英雄たちがたくさん出てくる。 ポエニ戦争なんて教科書では、ほんの数行だけど、掘り下げれば、こうも面白いものなのか!
kamitomai kamitomai ローマ人の物語 2
hino666 hino666 ・ハンニバルしぶい。 ・古代では、騎兵が役立たずだったというのが意外。  その役立たずな騎兵の運用を変更し勝利を重ねる事は、当時、まさに戦術の革新だったのだろう。
iwao_y iwao_y 星4つ 【内容】 【感想】 【実行すること】 [続きを読む]
marinnotousan marinnotousan 1996.5.10 17刷
dkfj dkfj 星4つ 読むべし、読むべし
shigekit shigekit 星5つ かっこいい。ハンニバルの登場からスキピオまで、劇的な歴史物語。
kelo kelo 星5つ カルタゴとの戦争にあったポエニ戦役を振り返った第2巻。 塩野七生の淡々とした叙述を通してでも、カルタゴの武将ハンニバルとローマの武将スキピオの物語は非常に熱く感じられた。
yurenaissance yurenaissance 英雄がたくさん登場する。
ichiro ichiro 星5つ ローマ人の物語は、塩野ファンのみならず、どなたにもお勧めしたいシリーズ。この巻では、ポエニ戦争での、ハンニバル対スキピオが描かれます。手に汗を握ってしまうほどの迫力です。
Twitter / Facebook
スマホ・モバイル
QRコード
ケータイ向けモバイル版
またはQRコードからアクセス。
ホーム - サイト運営  | お問い合わせ  ©2007-2017 ClickAssist